高性能な次世代の「MicroLEDディスプレイ」を京セラが開発、液晶や有機ELを超える表示性能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



液晶や有機ELを圧倒する次世代ディスプレイのプロトタイプを京セラがお披露目しました。詳細は以下から。

CEATEC 2019の京セラブースで展示されていた「MicroLEDディスプレイ」。


わずか数十μメートルの小型LEDを細かく並べるだけのシンプルな構造となるMicroLED。高輝度、広色域、長寿命、高速駆動を兼ね備えており、その表示性能は液晶や有機ELを圧倒します。


100万:1のコントラスト比、240Hzの高速駆動、7マイクロ秒を下回る超高速レスポンスを実現。小型LEDを並べるだけなので、用途に応じて自由な形にできるのもポイントです。


これが開発された1.8インチモデル。


残念ながらMicroLEDディスプレイの実機に近づいて撮影することは許されなかったため、Buzzap!編集部では近寄って撮ることを許されたギリギリのところから4K動画で撮影してみました。

・関連記事
「CEATEC 2019」まとめ、20周年で「CEATEC JAPAN」から名称変更 | BUZZAP!(バザップ!)

「巻き取れる有機EL」「マイクロLED」など、次世代のテレビやディスプレイが続々と実用化へ | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】韓国への有機EL材料輸出規制、回り回って日本メーカーへのダメージに | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに安価な「中国製有機EL」採用へ、Samsungの牙城崩れる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング