次世代スパコン「富岳(ふがく)」試作機のCPUやメモリユニットをCEATEC 2019で見てきました

このエントリーをはてなブックマークに追加



「京」に続く次世代スーパーコンピューターの主要部品がCEATEC 2019で展示されていたため、さっそく見てきました。詳細は以下から。

CEATEC 2019の富士通ブースにあったスーパーコンピューター「富岳」コーナー。


「京」に続く次世代スパコンが2012年ごろの供用開始に向けて開発されています。


富士通が供給するのは「A64FX」と呼ばれるCPU。




7nm FinFETプロセスで開発されたARMベースとなるA64FX。メモリバンド幅が毎秒1024GBと広いのが特徴ですが、これは気象予測などの演算にも対応するため。



ARMベースとなったことで消費電力あたりの処理能力が高まり、京の最大100倍のアプリケーション実行性能を叩き出すとのこと。


京のアーキテクチャを継続・強化することでプログラム資産も継承できます。


・関連記事
「CEATEC 2019」まとめ、20周年で「CEATEC JAPAN」から名称変更 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone国内出荷まさかの30%減、ソニーが富士通にスマホで負ける | BUZZAP!(バザップ!)

Celeron/メモリ2GB/500GB HDDモデルが26万円、富士通からLenovoが手に入れる「法人向けパソコン市場」の闇 | BUZZAP!(バザップ!)

網膜に直接映像を投影するメガネを富士通が開発、視覚障害者に新たな「見え方」を提示 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング