iPhone国内出荷まさかの30%減、ソニーが富士通にスマホで負ける

このエントリーをはてなブックマークに追加



分離プランが早くもスマホ市場に大きな波紋を呼んでいます。詳細は以下から。

調査会社IDC Japanの発表によると、2019年第1四半期のフィーチャーフォンおよびスマホの国内出荷台数は前年同期比26.5%減の713.5万台となったそうです。

これは分離プランで端末販売が下落することを見込み、携帯各社が調達台数を抑制したことを受けたもの。iPhoneの出荷台数が前年同期比30.3%減の330.2万台に落ち込んだほか、Androidも前年同期比23.0%減の367.1万台と伸び悩んでいます。

フィーチャーフォンを含む携帯電話出荷台数は前年同期比26.5%減の713.5万台。Apple、シャープ、富士通、ソニー、京セラの順番です。


スマホの出荷台数は697.3万台。なんとスマホ単独でもソニーが富士通の後塵を拝しています。


本体価格自体が上がり続ける中、分離プラン導入でユーザーの負担がさらに大きくなったスマホ。

米中対立のあおりで低価格帯を積極的にカバーしていたHuaweiが新機種を発売できなくなるなど環境は厳しく、出荷台数がプラスに転じる見通しは当分なさそうです。

・関連記事
「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

2019年の新型iPhoneはXR/XSと同じディスプレイ構成、2020年には3機種とも有機ELに | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加