2019年の新型iPhoneはXR/XSと同じディスプレイ構成、2020年には3機種とも有機ELに

このエントリーをはてなブックマークに追加



2019年のiPhoneは、特にディスプレイ面で進化することはなさそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2019年に発売される新型iPhoneは5.8インチおよび6.5インチ有機ELディスプレイおよび6.1インチ液晶を備えた3モデル展開となるそうです。

これは携帯電話部品メーカー関係者が明かしたもので、基本的にiPhone XS/XRと同じ仕様に。


一方で2020年発売モデルは5.42インチ、6.06インチ、6.67インチ有機ELを備えた3モデル展開となり、Samsungディスプレイの「Y-Octa」やLGディスプレイの「TOE」と呼ばれるタッチソリューションが採用されるとしています。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL - Switch
任天堂 (2018-12-07)
売り上げランキング: 3

・関連記事
「折りたたみiPhone」はAppleの地位を揺るがしかねない存在に、7.2インチ有機EL採用の可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

安価な新型iPad miniとiPad Air電撃発表、iPhone XSと同じA12 Bionic搭載で3倍高速&Apple Pencil対応も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加