新型4G防犯カメラ「IoTube」をソフトバンクと東急が試験導入へ、LED蛍光灯一体化型に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ちょっとユニークな防犯カメラが開発されました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社と東急電鉄は車両内のセキュリティ向上を目的として、2019年5月31日(金)から4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube(アイ・オー・チューブ)」を東急大井町線の車両に試験導入するそうです。

これが開発された「IoTube」の試作機。


microSDカードスロットや各種センサー、高画質カメラなどを備えています。


今回の実証実験では車両内に「IoTube」をこのように配置。Wi-Fiおよび4G回線を使うことで、事務所などの遠隔地から記録映像を確認することができるようになります。


なお、試験導入されるのは大井町線6121編成および9001編成の2号車で、6月30日(日)までを予定。

プライバシー保護のため防犯カメラを設置した車両であることをステッカーで周知するほか、IoTube本体に搭載する防犯カメラの映像はmicro SDに一時的に保存され、約3日間で上書き・更新。

記録映像を閲覧できる社員を限定するなど、関係法令や社内規定に則り厳重に管理するとしています。

・関連記事
ソフトバンクが高度2万メートルの基地局40基で日本列島をカバーできる「成層圏通信(HAPS)」事業化へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが2019年夏モデル発表、2万円以上のPayPay還元も | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク版「AQUOS R3」速攻レビュー、オリジナルカラーはエレガントグリーンに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加