値下がり続くSSD、「1TBあたり5000円」が見えてくる事態に

このエントリーをはてなブックマークに追加



「1TBあたり1万円」をさらに割り込む勢いです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のストレージメーカー「Longsys Electronics」がSSDが引き続き値下がりすることを予測しているそうです。

現時点でSSDの価格は1GBあたり0.1ドル(約11円)を下回っていますが、来年には1GBあたり0.05ドル(約5.5円)まで値下がりするとのこと。つまり来年、1TBあたり5000円台のSSDが発売されることになります。

ちなみに「価格.com」によると、960GBモデルのSSD「GI960G17AI178(960GB)」が本体価格1万800円。記事中の相場「1GBあたり0.1ドル」を裏付けています。


2年前は1TBモデルが3万円を超えていたことを考えると、劇的と言うほかないSSDの値下がり。

1つのセルに4ビット記録できる「QLC」タイプのフラッシュメモリの製品化やメーカー各社の増産などもあり、消費者にうれしい流れが続きそうです。

・関連記事
「Xiaomi Mi9」ついに4万円台前半に値下がり、Xperia 1などと並ぶ性能の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

Core i7の極小ノート「One Mix 2s Platinum Edition」いきなり値下がり、512GBの爆速SSD採用でオマケもいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】メモリ・SSDは今後も値下がり、DRAMやフラッシュメモリが2019年に急落へ | BUZZAP!(バザップ!)

1TBスマホが当たり前に?Samsungが新型eUFSフラッシュメモリ開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング