「巻き取れる有機EL」「マイクロLED」など、次世代のテレビやディスプレイが続々と実用化へ



有機ELテレビの普及を待たずして、どんどん技術革新が進んでいます。詳細は以下から。

・巻き取れる有機ELテレビ
まずチェックしておきたいのが、世界で初めて大画面有機ELテレビの実用化にこぎつけたLG電子が発表した、世界初の巻き取り式有機ELテレビ「OLED65R9PUA」。

一見65インチの薄型大画面テレビですが……


見ない時は巻き取ることができます。


なお、「巻き取るギミックを実用化するために画質が犠牲になっている」ということは特になく、4K HDRの表示性能を実現したほか、ドルビービジョン、ドルビーアトモスといった高画質・高音質化技術やスマートテレビとしての機能を搭載しています。

・マイクロLED
また、ポスト有機ELとして期待されているのが、Samsungが開発中の「マイクロLED」。CES 2019では昨年発表された146インチモデルに続き、75インチモデルが公開されました。


赤、緑、青の微細なLEDチップを配置するモジュール式を採用した上にベゼルフリーのため、どんな部屋やスペースにも合うようカスタムできるほか、ユーザーが自分の望むサイズにディスプレイを拡大することも可能。


16:9以外にも21:9、32:9、1:1といった斬新なアスペクト比もサポートできるなど、まさに今までのディスプレイの概念を覆すものです。

なお、SamsungのマイクロLED実用化に向けた研究を受け、中国や台湾のメーカーが同社からのマイクロLEDチップ受注獲得に向けて競争を始めるとのこと。

これにより2019年末までにマイクロLEDを採用した最新ディスプレイの販売開始にこぎつけられるとみられています。

・関連記事
Appleが中国と組むジャパンディスプレイを切り捨てか、iPhoneの液晶を台湾製に切り替えへ | BUZZAP!(バザップ!)

中国メーカー各社が折りたためる有機ELパネル開発、ポスト液晶は日本の一人負け確定か | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELで出遅れたジャパンディスプレイ、自社がまとめた「事業等のリスク」が当てはまりまくる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneの有機ELパネルをLGが納入へ、Huaweiは中国製採用で日本勢が"置いてきぼり"に | BUZZAP!(バザップ!)

ジャパンディスプレイが中国から出資受け入れか、最新有機ELパネルなどの現地生産も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. Core i7搭載の超小型ハイエンドPC「NVISEN FU01」大幅値下げで過去最安を更新、格安なのにゲームも遊べてトリプル4Kにも対応の実用的な1台
  2. 8万円台でM2搭載の新型「Mac mini」、処理能力でMac Pro(66万円)を上回る事態に
  3. 格安すぎる高性能パソコン「NVISEN MU02」さらに値下げ、Core i7搭載でゲームも遊べる人気の1台
  4. 【朗報】Intelの第14世代「Meteor Lake」高性能と低消費電力でノートパソコンのバッテリー駆動時間を大幅に改善か、エネルギー効率が50%以上アップし発熱問題も解決へ
  5. Core i7搭載の格安ハイエンドPC「NVISEN FU01」値下げで過去最安に、超小型ながらトリプル4K対応でゲームも遊べる実用的な1台

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング