ドンキPCや格安タブレットに激震、Windows 10がアップデートのために7GBの「予約済みストレージ」導入

このエントリーをはてなブックマークに追加



格安Windowsノート、タブレット、スティックPCユーザーに激震です。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、マイクロソフトが今年リリースしたWindows 10のバージョン1903において「予約済みストレージ」機能が導入されたそうです。これはWindows Updateをスムーズにインストールできるよう、要求される領域。

予約済みストレージが導入されたデバイスでは、Windows Updateは予約済みストレージ内の一時ファイルおよび不要なファイルを削除した上で、更新をダウンロードするために同スペースを使用するとのこと。なお、およそ7GBが要求されます。


ほとんどのPCが空き容量を使うことなくアップデートをインストールできるようになるとマイクロソフトは考えており、Windows Updateが予約されている以上の容量を必要とする場合、自動的に他の利用可能な空き容量が使用されるとしています。

ちなみにマイクロソフトは「使用していないオプション機能をアンインストールすることで、デバイスの予約ストレージに必要な容量を減らすことができます」としてはいるものの、予約済みストレージは削除不可。

ドンキPCや格安Windowsタブレット、スティックPCなどの32GBしかストレージを採用していないデバイスは厳しいストレージ管理を強いられることとなりそうです。

・関連記事
「Windowsアップデートができない」とユーザー悲鳴、ドンキPCなどの割り切りパソコンに潜む「容量32GB」の罠 | BUZZAP!(バザップ!)

【容量128GB】Surface Pro対抗機「Cube Mix Plus」、ついに3万円ちょいに | BUZZAP!(バザップ!)

GPD Pocket 2を下した「One Mix 2s」がペン付きで値下がり、「One Mix」も処分価格に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加