世界初の「格安8Kカメラ」をシャープが発表、しかもマイクロフォーサーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加



8K液晶を世界に先駆けて商用化したシャープが、本格的なカメラまで発売することになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、シャープがCES 2019で展示したのは8Kカメラのプロトタイプ。


パナソニックやオリンパスのミラーレス一眼に採用されている「マイクロフォーサーズ」規格を採用したモデルで、5インチの液晶を搭載。センサーでの手ブレ補正をサポートし、H.265コーデックで最大8K・30fpsの動画を撮影可能。


フルサイズHDMIやUSB Type-C端子なども備えています。



4月のNABに詳細が発表される予定ですが、なんと世界で初めて5000ドル(約54万円)を下回る、8Kカメラとしては異例の低価格を実現しています。

・関連記事
「AQUOS R2 compact」速攻レビュー、シャープ渾身のハイエンド小型スマホはソフトバンクから | BUZZAP!(バザップ!)

シャープ初の有機EL搭載・世界最軽量スマホ「AQUOS zero」レビュー、大人気の格安スマホ第2弾「AQUOS sense 2」も | BUZZAP!(バザップ!)

この冬マストバイの高性能小型スマホ「AQUOS R2 compact」はどのようにして生まれたのかをシャープが解説 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加