【動画】VRゲーム内で手が滑り手榴弾を落とした女性、現実世界でパニックを起こして事故

このエントリーをはてなブックマークに追加



VRが今後も発達を続けるのであれば、この問題は実は深刻かも知れません。詳細は以下から。

何とも現代らしい動画が話題です。近年発達の著しいVR(ヴァーチャルリアリティ:仮想現実)は、既にヘッドセットを用いたゲームなども多数開発されており、もはや未来の技術ではなく現実の商品として多くの人が利用しています。

YouTubeユーザーのricardogonhinさんが撮影した動画は、初めてVRヘッドセットを装着してゲームを体験する女の子を撮影したもの。部屋にはプロジェクターでゲーム画面が映し出されています。

初心者の女の子は丁寧に操作の仕方を習っているのですが、その途中で手榴弾の使い方を教えてもらいます。ですが女の子はポロリと手榴弾を足下に落としてしまい…。続きは以下の動画から。


女の子はパニックを起こして現実世界で走り出し、石でできた暖炉に激突。VRヘッドセットが壊れる激しい音が響いて動画は終わります。

クラークの三法則を引いて「十分に発達したVRは、現実と見分けがつかない」と言うこともできそうですが、このレベルのリアルさで現実と混同してしまうのであれば、今後さらにVRの精度が上がった際に人類はついて行けるのでしょうか?

ホラー映画で悲鳴を上げたりゲームの登場人物に感情移入をするようなことはVR以前でもいくらでも発生してきました。ですがそれが没入型のVR世界だったらどうでしょうか?

頭ではVRだと理解できていても、そこで味わう感情が度を超してリアルであれば、身体的、精神的により強い影響を受ける可能性は否定できません。2018年10月にはVR上で合意の上でギロチンで斬首された体験談がツイッター上で話題となりましたが、今後技術の発展と共にこうした問題を利用者は突きつけられることになりそうです。

・関連記事
【実験】話題のVRヘッドセット「Oculus Rift」で仮想ジェットコースターを体験中の人の背中を押すとどうなるか | BUZZAP!(バザップ!)

拡張現実が全てを覆い尽くした未来を一人称視点で描くショートムービー「HYPER-REALITY」 | BUZZAP!(バザップ!)

仮想現実空間を「体で感じる」ことができるジャケット型ウェアラブルコントローラーが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

「リング」の貞子と拡張現実(AR)を合体させたら見たこともない悪夢が生まれた | BUZZAP!(バザップ!)

動物や昆虫から見た森の景色を体験できる没入型ヴァーチャル・リアリティ装置 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に関連した楽天商品ランキング