動物や昆虫から見た森の景色を体験できる没入型ヴァーチャル・リアリティ装置

このエントリーをはてなブックマークに追加



眼の構造の違いから、人間から見る景色と動物や昆虫の見る景色は全く別物。そんな別の生き物の視点を体験できるヴァーチャル・リアリティ装置が登場しました。詳細は以下から。

犬は色が見えず、ミツバチは黄色や紫を見ることができる。そんな話を聞いたことがあるでしょうか?以前BUZZAP!では猫の目からどう世界が見えるのかという記事を掲載しましたが、生き物によって眼の構造が違うため、人間と同じ風景を見ても同じようには見えません。



ロンドンのデザインスタジオMarshmallow Laser FeastはLiderスキャン、CTスキャン、写真測量などを駆使してグリズデール・フォレスト・パークの景色を完全再現。その上でトンボ(人間の十倍の速さで生き、12原色の色覚を持っている)などの別の動物や昆虫の眼の構造で捉えた景色を体験できてしまいます。




動画はこちらから。

IN THE EYES OF THE ANIMALS TEASER on Vimeo


自分の見ている世界の姿が本当の世界の姿とは限らないということを思い出させてくれますね。

Innovative Virtual Reality Experience Allows You to Rediscover the Forest as an Animal - BOOOOOOOM! - CREATE INSPIRE COMMUNITY ART DESIGN MUSIC FILM PHOTO PROJECTS

・関連記事
猫の目からは実は世界はこう見えている | BUZZAP!(バザップ!)

4原色の色覚を持ち、常人の100倍の1億色を視ることのできる女性画家 | BUZZAP!(バザップ!)

これはすごい!色覚障害を持つ人が「色を見分けられる」ようになるメガネ | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】「白と金」か?「青と黒」か?とあるドレスの色が世界のネットを二分する大論争に | BUZZAP!(バザップ!)


脳が騙される!バッハの肖像画が笑い出しロウソクの写真の炎が揺らめく「変幻灯」をNTTが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加