中国メーカー各社が折りたためる有機ELパネル開発、ポスト液晶は日本の一人負け確定か



どうやら日本のメーカーが有機EL分野で日の目を見ることはないようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、中国のパネルメーカー各社が「China Information Technology Expo 2018(CITE 2018)」において、有機ELパネルのプロトタイプをこぞって展示したそうです。

BOE Technologyが展示したのは曲率半径5R、解像度2048×1536画素(QXGA)の7.6インチモデル。10万回の折りたたみに耐えることができるタイプで、折りたたんでいる時は電話機、展開するとタブレットとして利用できるというもの。

Visionoxは少なくとも20万回折りたためる曲率半径6Rの7.2インチパネルを展示したほか、Tianma Micro-electronicsは曲率半径3R、2880×1440ピクセル(WQHD)の5.99インチパネルを展示。Tianmaのパネルは明らかにハイエンドスマホを狙ったものであることが分かります。

さらにEverDisplayも曲率半径3R、5.5インチフルHD(1920×1080)の折りたたみパネルを展示。なんと折りたためるだけでなく、湾曲したロールタイプのパネルも展示したとされています。

すでに付加価値の高い折りたたみタイプの有機ELの生産にこぎつけている中国メーカー各社。

投資規模も莫大で、そう遠くないうちにトップをひた走る韓国勢と殴り合うことになるとみられるため、製造コストを圧倒的に引き下げられるようになるなどの逆転劇がない限り、日本勢の出番はなさそうです。

・関連記事
Samsungが「Exynos」他社供給でスマホ向けプロセッサ業界に激震か、折り畳み有機EL搭載の「Galaxy X」で差別化も | BUZZAP!(バザップ!)

ついにシャープがスマホ用有機ELパネル量産へ、新型「AQUOS R」に採用も | BUZZAP!(バザップ!)

JOLEDが世界初の印刷方式による4K有機ELパネルを製品化、製造コスト引き下げや大型化が容易に | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELパネル次第で製品化?Lenovoの折りたたみスマホ「Folio」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに独自開発の有機EL採用か、Appleが研究開発拠点を設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング