投資規模は1社で数千億円、中国メーカー各社が有機ELの生産能力を拡大へ



ジャパンディスプレイが産業革新機構から750億円の投資を受けて、ソニーとパナソニックの有機EL部門「JOLED」を子会社化するという話が浮上する中、中国メーカー各社が有機ELの本格投資を進めています。詳細は以下から。

台湾メディアDIGITIMESの報道によると、上海にあるEverDisplay Optronicsが272.78億人民元(推定額、約4557億円)を投じて第6世代AMOLED工場の建設を開始したほか、BOE Technologyも中国西部に465億人民元(約7769億円)を投じて第6世代の工場を建設するなど、メーカー各社が有機ELに本格的な投資を進めているそうです。

ほかにもChina Star Optoelectronic、Tianma Micro-electronics、Truly Opto-Electronics、Royol、Visionoxといったメーカーが有機EL事業への投資を進めているとのこと。

EverDisplay Optronicsの工場では2019年1月に試験生産開始を予定しており、2021年には1500mm×1850mmのガラス基板を月間3万枚生産できるようになる見込み。

2015年に190万平方メートル、2016年には260万平方メートルと、順調な伸びを見せる(中国の調査会社調べ)スマホ用有機ELディスプレイ。SamsungやLG電子といった韓国勢と中国勢が数千億円規模の熾烈な投資競争を繰り広げていますが、ジャパンディスプレイは太刀打ちできるのでしょうか。

China panel makers making strong investments in OLED manufacturing

・関連記事
ついにスマホ向け有機ELと液晶の製造コストが逆転 | BUZZAP!(バザップ!)

新聞紙のように丸められる大画面の有機ELディスプレイをLGが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

横から見るとただの紙、近未来感あふれる8Kシート型有機ELディスプレイ | BUZZAP!(バザップ!)

世界最大、77インチの4K有機ELテレビをLGが国内発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 「Xperia 1 V」本体写真流出か、カメラセンサー大型化で発熱問題の解消に期待も
  4. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング