「50TBのハードディスク」をSeagateが発売へ、まずは20TBモデルから

このエントリーをはてなブックマークに追加



これからもハードディスクは主要記録媒体であり続けるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、現在唯一16TBモデルのハードディスクを発売しているSeagateが2020年前半に18TBモデルをリリースし、同年下半期には20TBモデルの発売にこぎ着けるそうです。

ロードマップ。2026年には50TBモデルの発売を想定しており、20TBモデルにはSMR(瓦磁気記録)技術、50TBモデルにはHAMR(熱アシスト磁気記録)技術を採用するとしています。


5Gネットワークが現行の4Gのように広く普及したころに訪れることとなるハードディスクの飛躍的な進化。

記録容量の大きさ・記録容量あたりの単価の安さをNANDフラッシュメモリに対するアドバンテージとするのは当面変わらないことになります。

・関連記事
256GBのmicroSDカードがサンディスク製すら3000円台に、1年で半額以下に値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

世界初となる2TBのmicroSDXCカード発売、ただし清々しいまでのニセモノ | BUZZAP!(バザップ!)

政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング