ギガホが月額3480円になる2020年版「ドコモの学割」登場、auに続いて前倒しもやや狭き門に



ドコモも学割を発表しました。「ギガホ」「ギガライト」を割安に使えるようになっています。詳細は以下から。

NTTドコモの公式ページによると、同社は2019年12月1日から「ドコモの学割」の提供を開始するそうです。

対象者は25歳以下の新規契約(MNP新規含む)ないしFOMA→Xiへの契約変更ユーザー。つまり既存ユーザーはFOMAのドコモケータイ、キッズケータイ、らくらくホンを使っている必要があります。

「ギガホ」「ギガライト」契約者が12ヶ月間にわたって1000~1500円割り引かれるドコモの学割。


これにより月間30GB使えて、超過後は1Mbps使い放題になるギガホは月額3480円で利用可能に。ただし「dカードお支払い割」「みんなドコモ割(3回線以上)」「ドコモ光セット割」「ドコモの学割」すべて適用される必要があります。


階段型プラン「ギガライト」は1GBまでの通信であれば月額980円に。


なお、同じ「月額3480円」を打ち出したauはデータ完全定額、しかもNetflix付き。ただしドコモのほうが割引期間が長いという違いもあります。

・関連記事
【解説】ついにドコモショップが有料化、サポート範囲明確化で高齢ユーザー排除か | BUZZAP!(バザップ!)

FOMAとiモードが2026年終了へ、一時代を築いたサービスに幕 | BUZZAP!(バザップ!)

iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング