FOMAとiモードが2026年終了へ、一時代を築いたサービスに幕

このエントリーをはてなブックマークに追加



ドコモの象徴とも言えるサービスがついに終了します。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は第3世代移動通信方式(3G)の「FOMA」および携帯電話からウェブやメールを利用できる「iモード」を2026年3月31日(火)に終了するそうです。これは4Gの普及による契約数の減少や5Gに経営資源を集中させるための措置。

FOMAは2001年10月に世界に先駆けて開始され、384kbps(2001年当時)の通信速度で動画やゲームを楽しめることが好評となり、2011年に約5700万契約を突破した3Gサービス。

1999年2月にサービスが開始されたiモードは携帯電話から9600bps(1999年当時)の通信速度でインターネットを楽しめたほか、メールの送受信ができることが人気を博し、2010年7月には約4900万契約を突破していました。

ドコモが過去に発売した機種を振り返ることができるムービー。iモード、FOMA対応機種も数多くあります。


なお、FOMA音声プランおよびiモードは2019年9月30日に新規受付を終了しており、「FOMAデータプラン」「ユビキタスプラン」も2020年3月31日で新規受付を終了する予定。

FOMAやiモードで提供している「iチャネル」「iコンシェル」などの終了時期については、あらためて案内するとしています。

・関連記事
iモードやmova、FOMAからXiまで、NTTドコモの歴史を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その2【iモード・FOMA登場編】 | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その3【mova→FOMA編】 | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その4【FOMA円熟期編】 | BUZZAP!(バザップ!)

あなたの使っていた機種は?ドコモの携帯電話を発売年別にまとめてみた その5【スマホ黎明期編】 | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング