「最恐絶凶ツアー耐え切ったら200万円プレゼント」世界一怖いお化け屋敷が挑戦者を募集

このエントリーをはてなブックマークに追加



おばけなんて怖くないというあなた、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?詳細は以下から。

ホラーといえば映画に漫画に小説に、ジャンルを問わず強い人気を誇りますが、その中でも格別なのがお化け屋敷。実際に自分の足で歩いて体験する恐怖はやっぱりひと味違います。

「とは言っても、お化け屋敷なんてどうせ子供だましのアトラクションなんでしょ?」という怖いもの知らずのあなたに世界一怖いお化け屋敷から挑戦状です。

アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるMckamey Manorはホラーマニアなら一度は聞いたことのある、文字通り世界一怖いお化け屋敷。

どのくらい怖いかというと、スプラッターは当然として、生きている虫などの生物が襲いかかってきたり、血の色の液体に沈められたり、謎の物体を無理矢理食べさせられるといった、ある種の拷問にも近い仕掛けで数時間に渡って責めさいなまれるというもの。

あまりの恐怖のため、これまでMckamey Manorを最後まで耐えきった来場者はいないとされています。2012年の公式動画が以下から閲覧できますが、これだけでお腹いっぱいになります。もちろん閲覧注意。


このMckamey Manorが新たに10時間にも及ぶ最恐絶凶ツアーを発表。ツアーに見事耐えきる事のできた参加者に20000ドル(約215万円)の賞金をプレゼントすることがアナウンスされました。


参加者は21歳以上で、医療保険への加入が義務づけられており、傷やあざ、骨折といった怪我やトラウマなどの精神的なダメージを受けても責任を問わないとする40ページに及ぶ誓約書にサインする必要があります。

その後参加者は2時間に渡って「And Then There Were None」という、ツアーで何をすればいいのかを説明するイントロダクション映像を閲覧します。


この映像ではツアーを後略するための重要な情報が余すところなく紹介されますが、オーナーのRuss McKamey氏は「何をやればいいか分かってたって、お前らには絶対に後略なんてできねえよ」と豪語します。

どんなホラーもお化けも怖くないというあなた、参加の申し込みはこちらから可能です。世界一怖いお化け屋敷を最初に攻略し、賞金を手にするのはあなたかもしれません。

・関連記事
【食事中注意】純然たる恐怖!巨大なタランチュラのコスプレ犬のドッキリが完全にバイオハザード | BUZZAP!(バザップ!)

八甲田山の無人の別荘から深夜に119番通報が発信されるという洒落怖事案が発生 | BUZZAP!(バザップ!)

茅ヶ崎駅の線路で子供が遊んでいるのを運転手と旅客が目撃→捜索するも発見できず、そもそも監視カメラにも映っていなかったという事案が発生 | BUZZAP!(バザップ!)

【マジキチ】高さ280mの超高層煙突を命綱なしでよじ登る一人称視点動画【高所恐怖症注意】 | BUZZAP!(バザップ!)

おそロシアの若者の命知らず過ぎる恐怖の遊びがさらにレベルアップしている | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に関連した楽天商品ランキング