「鯨肉を学校給食で子供たちに食べさせよう」捕鯨推進のため法改正へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



どうやら今後は「国策」として捕鯨を推進していく構えのようです。詳細は以下から。

国際捕鯨委員会から脱退し、世界中からの反発を押し切って再開された日本の「商業捕鯨」。商業捕鯨というからにはビジネスのはずですが、子供たちの食を巻き込んで国として捕鯨業を推進していく事になりそうです。

超党派の国会議員らが学校給食でクジラの利用を促進することなどを盛り込んだ調査捕鯨に関する法律の改正案をまとめ、今の国会で成立を目指すことが判明しました。


改正案では、法律の目的を「クジラの科学調査」から「持続的な利用」に変更する見込みで、加えて捕鯨業の円滑な実施のために政府が船舶や乗組員の確保を(もちろん税金で)支援すること、また食文化の継承の名目で学校給食でクジラの利用を促進することなどが盛り込まれています。


また改正案では「捕鯨業は国際法に基づ、科学的根拠をもとに算出される捕獲可能量の範囲内で実施する」などとしており、国際社会の反発を弱めたい思惑もありそうです。

とはいえ、実際には消費の伸び悩む鯨肉の消費を伸ばすために子供たちの給食をダシにしていると言われても致し方のないこの方針。その優遇ぶりには他の畜産業や漁業従事者から不満が噴出してもおかしくありません。


また鯨肉といえば、昭和時代の学校給食では子供たちから臭くて硬くて不味いと大いに嫌われたていたことを60代以上であれば覚えている人も多いはず。果たしてこの令和時代の子供たちに受け入れられるのでしょうか。

・関連記事
【IWC脱退】「反捕鯨国人が日本に来たら鯨をどっさり食わせる」自民党二階幹事長、とんでもないオモテナシ宣言をしていた | BUZZAP!(バザップ!)

米シーシェパードが和解金で日本の捕鯨妨害活動を永久に中止、ただし妨害実行犯の豪シーシェパードには関係なし | BUZZAP!(バザップ!)

日本の南極海での調査捕鯨が条約違反と認定され、国際司法裁判所から中止を命じられる | BUZZAP!(バザップ!)

「法整備がまだで影響も分からないから」日本がG7の「海洋プラスチック憲章」への署名を米と共に見送り | BUZZAP!(バザップ!)

「ベテラン漁師でも3時間で8匹…」なのに絶滅間近のウナギ稚魚を捕り続ける日本社会の異常 | BUZZAP!(バザップ!)

中国が象牙取引を禁止、日本が世界唯一の象牙市場となり違法輸出の温床にも | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

グルメに関連した楽天商品ランキング