液晶テレビが2020年初頭からどんどん値上がりか

このエントリーをはてなブックマークに追加



そろそろテレビを買い替えたいと思っているのであれば、早めのほうがいいかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、供給過多に陥っていた液晶テレビ向けパネルの在庫がようやく健全化したことを業界関係者が明かしたそうです。

これは液晶パネルメーカー各社が生産量を削減したほか、中国の「独身の日」やブラックフライデーによってテレビ販売が好調だったことを受けたもの。

テレビメーカーは年明け以降に新モデルを発売する準備を進めているほか、パネルメーカーも依然生産量を増やしていないため、主流サイズ(32インチ、43インチ、50インチ、55インチ、60インチ)のパネル単価は12月時点で安定しているとのこと。

市場環境の改善や東京オリンピックが控えていることなどを受け、テレビ向けパネルの価格が2020年第1四半期に上がり始める可能性は高いとみられ、液晶テレビの価格上昇を招くと考えられます。

・関連記事
1億800万画素の「Xiaomi Mi Note 10」大幅値下がり、超高解像度(12032×9024)写真が撮れる5眼カメラ格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

ついに1TBのSSDが8000円台に値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

6500円の超格安スマホ「UMIDIGI A3S」「UMIDIGI A3X」発売、マルチキャリア対応でデュアルカメラ搭載の破格すぎる1台に | BUZZAP!(バザップ!)

256GBのmicroSDカードがサンディスク製すら3000円台に、1年で半額以下に値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」年末特価に、今年最も売れた大人気の1台 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング