スマホ各社が「脱Snapdragon」促進へ、「Oppo M1」など独自プロセッサ開発か



スマホ黎明期から代表的な存在だったクアルコムのプロセッサ「Snapdragon」への依存率が、今後大幅に下がるかもしれません。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、「Kirin」シリーズを搭載しているHuaweiに続いて、Xiaomi、Oppo、Vivoといった世界シェア上位の中国メーカー各社が独自プロセッサの研究開発を進めているそうです。

Vivoは11月に5Gスマホ「Vivo X30」にSamsungの「Exynos 980」を採用。同社エグゼクティブバイスプレジデント・Hu Baishan氏は、プロセッサの微調整に関与していたことを明かしています。

また、Oppoも5G/6G、AI、AR、ビッグデータなど新興技術の開発に注力し、今後3年間で合計500億元(71億3100万米ドル)を研究開発にあてると発表。「Oppo M1」と呼ばれるプロセッサを開発しているとのこと。

2017年に初の独自プロセッサ「Surge S1」を製品化したものの「Surge S2」の音沙汰がないXiaomiも、半導体関連企業への投資を進めていると業界関係者はコメントしています。

・関連記事
5G基地局からファーウェイ排除を進める理由、アメリカ国防総省のレポートから明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

政府主導で「6G」開発加速、最先端の半導体や通信システム開発にわずか2200億円を投じてファーウェイなど追撃へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 人気格安タブレット「Alldocube iPlay 40H」2万円に値下げ再び、ハイエンドスマホ並の8GBメモリ搭載でゲームや動画、ナビにも使える性能十分のSIMフリーモデル
  2. Anker「ポケモンデザインUSB急速充電器」値下げ、小さくて可愛いのに超高性能なピカチュウなど3種類の特別モデル
  3. 新型格安タブレット「Xiaomi Pad 6」詳細明らかに、高精細な120Hzディスプレイ搭載で指紋認証や急速充電対応など充実の1台に
  4. 「Nothing Phone (2)」はSnapdragon 8 Gen 2+搭載のフラッグシップスマホか、12GBメモリや5000mAhバッテリーなど詳細判明
  5. Xiaomi格安スマホ「Redmi Note 11s」ほぼ過去最安に、大画面有機ELや1億画素カメラ、ステレオスピーカーに液冷機構など機能充実の1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング