「動画見放題」などに速度制限確定、総務省が格安スマホ含めた通信各社を規制

このエントリーをはてなブックマークに追加



スマホ本体割引をつぶした総務省が今度はカウントフリーサービスを規制します。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、総務省は25日に有識者会議を開き、スマホで特定の動画配信サービスなどを使い放題にする「ゼロレーティング(カウントフリー)」サービスに関する指針案をまとめたそうです。

指針案では月の通信量の上限を超過し、通信速度が制限される際は「ゼロレーティングサービスも含めて一律に実施することが望ましい」としており、大手通信事業者に対応を求めたとのこと。

規制の背景として以下の理由が挙げられています。

・ゼロレーティング利用者がネットワークに負荷をかけ、非利用者に影響を与えかねない
・YouTubeなど巨大IT企業のサービスに人気が集中し、中小の事業者が育たなくなる


なお、ゼロレーティングサービスは人気が高く、ソフトバンクは先日主力プラン「ウルトラギガモンスター+」でAmazon Prime Videoも「動画SNS放題」に含めると発表したばかり。

総務省は「直ちに事業法上問題とはならない」と注記し過度な規制を避けたとされていますが、携帯電話事業が許認可制である以上、各社は従うほかありません。

・関連記事
一括ゼロ円撲滅から中古スマホ普及拡大に舵を切る総務省は「スマホの寿命」を無視していませんか | BUZZAP!(バザップ!)

楽天のキャリア事業で相次ぐ通信障害、無料試験サービスは5000人限定も接続できたのは1000人未満 | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】「(設備投資が1桁少ない)楽天が半額程度になる予定だから携帯料金4割下げられる」の愚、日本がモバイル先進国から脱落も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  4. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング