「iPhone SE対抗の格安スマホ」続々登場へ、新型コロナウイルスでメーカー各社が方針転換



新型コロナウイルスがスマホメーカー各社に思わぬ変化をもたらしています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、携帯電話各社がハイエンドスマホからミドルレンジスマホに注力するよう、戦略を変更するそうです。

これは新型コロナウイルスの世界的流行で携帯電話市場が低迷しており、とりわけハイエンドモデルの見通しが厳しいことを受けたもの。

Galaxy S20が苦戦しているSamsungは部品メーカーへの注文数を削減したほか、Huaweiも部品の在庫を調整中。

AppleやSamsungのハイエンドモデル向けにカメラレンズを供給するLargan Precision社も、ミドルレンジモデルへの展開を強化することになったと述べています。

なお、ハイエンドモデルの苦戦を受けメーカー各社は「ミドルレンジスマホをより手ごろな価格で提供する」という方針へとシフトチェンジ。

Appleの販売戦略が上手くいけば第2世代iPhone SEの売り上げが3000万台に達すると見込まれているだけに、今年は値ごろなスマホが相次いで登場する年となりそうです。

・関連記事
「iPhone SE(第2世代)」4月24日発売、iPhone 11と同性能でお値段44800円からの格安iPhoneに | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホ「UMIDIGI F2」が1万円台に大幅値引き、4800万画素4眼カメラ搭載でHuawei P30 liteを圧倒 | BUZZAP!(バザップ!)

「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング