「iPhone SE(第2世代)」4月24日発売、iPhone 11と同性能でお値段44800円からの格安iPhoneに



新しいiPhone SEが発表されました。

「本当に廉価版?」と言いたくなるような高性能っぷりをまざまざと見せつけています。詳細は以下から。

◆「格安iPhone」久々に登場、今度は4万円台から
Apple公式ページによると、同社は4月24日(金)からiPhone SE(第2世代)を発売するそうです。予約注文は4月17日21:00からとのこと。

ラインナップは64GB(4万4800円)、128GB(4万9800円)、256GB(6万800円)の3モデルで、カラーバリエーションはホワイト、ブラック、(PRODUCT)REDの3色。国内キャリアではドコモ、au、ソフトバンクから発売されます。


iPhone SEは最大輝度650nitの4.7インチHD(1334×750)IPS液晶にiPhone 11と同じ「A13 Bionic」チップ、1200万画素広角背面カメラ、700万画素前面カメラ、ワイヤレス充電、Felica搭載の防水防塵(IP67等級)モデル。平たく言うと最先端性能のiPhone 8です。

携帯各社のプラチナバンドLTEやWiMAX 2+、AXGPなどをフルサポートし、ギガビット級の超高速通信を実現したほか、最新の「Wi-Fi 6(IEEE802.11 ax)」までサポート。ネットワーク周りを簡略化した初代iPhone SEとは雲泥の差です。


◆初代iPhone SEとは全く違った「超高性能廉価版」に
それではここで初代iPhone SEとの違いをチェック。iPhone 8がベースとなったため、画面サイズが大きくなりました。


CPUが最大2.4倍、GPUは最大4倍の処理能力に。最新のiPhone 11と同じ性能のため、あらゆるスマホゲームが快適に動作します。


前述したようにネットワークは超高速に。「auデータMAXプラン Pro」などを契約すれば、高速なデータ通信を定額でガンガン楽しめるわけです。


iPhone 8がベースとなっているため、防水性能も。


ボケ味を調整できる「深度コントロール」ほか6種類のエフェクトを実装するなど、撮影を楽しめるところもポイントです。


18Wの高速充電アダプタを使ったワイヤレス充電は「30分で50%まで充電」を実現。


さらにsSIMによるデュアルSIMに対抗したことで、2つの電話番号を使えるようになりました。


新型コロナウイルスの流行で落ち込むスマホ市場を一気に盛り上げることとなりそうなiPhone SE(第2世代)。

高い完成度の魅力ある商品となっているだけに、販売キャリア一覧に楽天が入っていない(※記事執筆時点)ことが惜しまれます。

Apple公式ページは以下から。

iPhone SE - Apple(日本)

・関連記事
「5Gスマホ」いきなり失速でサムスンやファーウェイ苦戦、iPhoneはミリ波対応で攻めるも発売延期に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化 | BUZZAP!(バザップ!)

Appleが5G対応の新型iPhone発売を数ヶ月延期か、感染拡大で開発遅れも | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ソフトバンク「Pixel 6a」24円に、発売初日から回線契約なしでも大幅割引き
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用の高性能タブレットが圧倒的な安さに
  3. 新型スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万円台に、格安なのに120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載
  4. アップル、Androidユーザーを勧誘するため「iPhoneへの乗り替え」動画を公開
  5. 【速報】大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング