Appleが5G対応の新型iPhone発売を数ヶ月延期か、感染拡大で開発遅れも



「iPhone 12(仮)」とみられる新型iPhoneの発売サイクルが大きく崩れることとなりそうです。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、Appleが新型iPhoneの発売時期を数ヶ月延期する検討を始めたことが複数の部品メーカー関係者らの話で明らかになったそうです。

同社は9月ごろに初の5G対応iPhoneをリリースする予定でしたが、主要市場となる米欧での感染拡大で消費の不透明感が増していることを懸念。「発売を数カ月遅らせる検討を始めた」とされています。

また、中国の供給網が混乱していることを受け試作機の開発が3月上旬から3月後半に延期されたほか、Apple本社社員が原則在宅勤務となったことで、開発作業がさらに遅れる懸念が出ているとのこと。

すでにプリント基板関連部品を手がけるメーカーに、大量生産の開始を6月から8月へと延期するよう指示が下されるなど、数ヶ月以上発売が遅れる想定で生産体制が変更され始めているとされています。

なお、以前Buzzap!でお伝えしましたが、今年発売の新型iPhoneは手ぶれをセンサーが感知し、イメージセンサーを移動させることで補正する「センサーシフト手ぶれ補正」をカメラに実装するなど、大きく刷新されたモデルとなる見通し。

「iPhone X」「iPhone Xs」「iPhone 11 Pro」など上位機種のみに採用されてきた有機ELディスプレイもより多くの機種に採用される可能性が浮上するなど、5G対応で通信速度が向上するだけでなく、さまざまなアップデートが施されることになりそうです。

・関連記事
iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化 | BUZZAP!(バザップ!)

auが機種変更向けに「格安iPhone XS」販売開始、一括0円のiPhoneも | BUZZAP!(バザップ!)

廉価版「AirPods Pro」まもなく登場へ、「iPhone SE2」も | BUZZAP!(バザップ!)

ついにドコモが「iPhone XS一括1円」開始、iPhone 11も格安に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】10万円級の性能で価格1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリーにゲーマー向け液冷機構も
  3. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  4. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  5. AnTuTu60万オーバーのXiaomi「POCO X3 GT」3万円半ばに、立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の超コスパ格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング