iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化

このエントリーをはてなブックマークに追加



今年発売のiPhone 12(仮)は、ディスプレイ・カメラ・通信すべての分野で進化するようです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道(12)によると、2020年発売の5G対応iPhoneには「センサーシフト」と呼ばれる手ぶれ補正機能が搭載されるそうです。

センサーシフト手ぶれ補正は手ぶれをセンサーが感知し、イメージセンサーを移動させて補正する一眼レフやデジタルビデオカメラなどに採用されている技術。今まで以上にブレに強い撮影を実現できるため、さらに快適な撮影を期待できます。

また、今まで「iPhone X」「iPhone Xs」「iPhone 11 Pro」など上位機種のみに採用されてきた有機ELディスプレイもより多くの機種に採用される見通し。

かねてからウワサされている「廉価版iPhone」のみ液晶搭載で、iPhone 12シリーズはすべて有機EL搭載……となる可能性もあります。

・関連記事
「Appleの注文はもう魅力的じゃない」理不尽な買い叩きでiPhoneの部品メーカー離れ発生中 | BUZZAP!(バザップ!)

「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

Appleの発表会はつまらなくなったと思いませんか? | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 11 Proは位置情報をオフにしても現在位置を勝手に収集していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

安全と思われていたiOSアプリで「トロイの木馬」感染が複数発見される | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  4. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい
  5. Snapdragon 865搭載の超高性能スマホ「Black Shark 3」圧倒的な低価格に、ゲームのために生まれた1台が信じられないほど値下がり

モバイルに関連した楽天商品ランキング