「Appleの注文はもう魅力的じゃない」理不尽な買い叩きでiPhoneの部品メーカー離れ発生中



iPhoneの成長に陰りが見える中、部品メーカーが反旗を翻しつつあります。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Appleは新しいiPhoneのシャーシや金属フレームの開発に関するNREコストの支払いを停止することを上流の部品メーカーに通知したそうです。

これはAppleの屋台骨であるiPhoneの年間販売台数が2015年(2億3100万台)のピークを更新したことはなく、予想を上回る需要を得ているiPhone 11であっても困難な見通しであることを受けたもの。

Appleはハードウェアでなくサービスから収益を得られるようビジネス戦略を切り替えており、iPhoneに次ぐ2番目の収益源に成長させることに成功しています。

しかし一方で主力のハードウェア事業については、サプライチェーンの管理を強化しコストを削減。そのためメーカー関係者は「Appleの注文は以前ほど魅力的ではない」としています。

なお、AppleはiPhone以外でもコスト削減を進めており、かねてからApple Watchの組み立てを担当していたQuanta Computerは2020モデルの注文を見送る事態に。

業界関係者は背景について「Apple製品は売り上げの増加にもかかわらず製造パートナーにとって常に合理的な利益を保証できない可能性があるため」と説明しています。

・関連記事
Appleの発表会はつまらなくなったと思いませんか? | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 11」大人気で増産へ、ただしiPhone 11 Proが販売不振で「iPhone SE 2」が追い打ちも | BUZZAP!(バザップ!)

「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 11 Proは位置情報をオフにしても現在位置を勝手に収集していることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

安全と思われていたiOSアプリで「トロイの木馬」感染が複数発見される | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング