Appleの発表会はつまらなくなったと思いませんか?



日本時間9月11日にiPhone 11シリーズやお安くなった第7世代iPadなどを発表したApple。

リアルタイムで中継を見ていた人も相当数いると思われますが、「近年発表会がつまらなくなった」と感じる人がいるようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道では、近年行われているAppleの発表会について「疲れを隠せない、新鮮味のない、質の悪いプレゼンテーション」に陥ってしまったという評価が下されています。

これはApple TV+のようなサービスを「単なるストリーミングに手を加えただけのものでなく、革新的なブレークスルーであるかのように」発表していることなどを受けたもの。

もはや発表会は(革新的な製品やサービスを世に送り出す)情熱から行うものでなく、「伝統を引き継ぐ」という義務感から行われているものであり、「エキサイティングではないものに興奮を装うためのカーニバル」とまで揶揄されています。

また、各部門の責任者が新製品やサービスのプレゼンテーションを行う際、パワーワードや「MOST」「WONDERFUL」といった言葉のあと、必ず一拍おいて詳細を述べる……などの"テンプレート的な"行動も目に付くと指摘。

発表内容を引き立たせるために強い言葉も驚くほど頻繁に使われており、逆に安っぽくなってしまっています。

We can’t wait(○○を待つことができない):8回
Excited(興奮する):21回
Innovation/Innovative(確信、革新的な):6回
Wonderful/Beautiful(素晴らしい、美しい):13回
Most(最も):44回
Amazing(すごい):23回
Incredible(信じられない):39回


記事中で「創造的停滞」「Appleが私たちを退屈させていることが最も大きな罪」とまで断じられている近年のAppleの発表会。

有機ELやマルチカメラ採用で他社に遅れを取り、iPhoneから「Retinaディスプレイ」をいち早く搭載していたころのような先進性が失われつつあることなども背景にあるとみられます。

・関連記事
【コラム】iPhone 11のランニングコスト比較、最安プランでも使い放題でもauが一番お得に | BUZZAP!(バザップ!)

第7世代iPadを解説、3万円台の「お値打ちiPad」の真価は? | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro/Pro Max」解説、Apple初の3眼スマホは何を見るのか | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  3. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  4. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  5. 「Zenfone 8 Flip」最安価格から2割近く大幅値下げ、風景も動画も自撮りもキレイに撮れる回転式カメラが楽しい1台

モバイルに関連した楽天商品ランキング