第7世代iPadを解説、3万円台の「お値打ちiPad」の真価は?

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhone 11と合わせて発表された第7世代iPad。

今までよりもはるかにパソコンライクな使い方を実現する「iPad OS」提供に合わせて投入されることになったリーズナブルなモデルには、いったいどれほどの価値があるのでしょうか。詳細は以下から。

これが9月30日発売の第7世代iPad。500nitの10.2インチ(2160×1620)IPS液晶にステレオスピーカーを備えたモデルで、iPhone 7や第7世代iPod touchと同じ「Apple A10 Fusion」を採用しています。


第1世代のApple Pencilに対応。お絵かきなども楽しめます。


ぶっちゃけてしまうと昨年3月にお目見えした9.7インチの「格安iPad」とほぼ同じハードウェアスペックとなる、今回の10.2インチiPad。


iPad OS普及のテコ入れを図るためのモデルとみられ、32GBモデルが34800円、128GBモデルが44800円(いずれも税別)から。格安ノートを買うくらいなら、こちらのほうが幸せになれるかもしれません。


なお、「ゲームなどもガンガンプレイしたい」というのであれば、今年発売の「新しいiPad Air(10.5インチ)」がおすすめ。

5万4800円からと若干値は張るものの、iPhone XSなどと同じ「Apple A12 Bionic」によって末永く使えるため、投資する価値はあります。

・関連記事
「iPhone 11」「iPhone 11 Pro/Pro Max」解説、Apple初の3眼スマホは何を見るのか | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】iPhone 11とiPhone 11 Pro/Pro Max、カメラやディスプレイだけでなく通信周りも異なる仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの価格発表、iPhone 8やiPhone XRがかなり値ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】「iPhone 11」「iPhone 11 Pro/Pro Max」発表!第7世代iPadと第5世代Apple Watchも | BUZZAP!(バザップ!)

「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

「2019年の新型iPhoneは売れない」、iPhone XS不振で部品メーカー各社が弱気に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに安価な「中国製有機EL」採用へ、Samsungの牙城崩れる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加