「2019年の新型iPhoneは売れない」、iPhone XS不振で部品メーカー各社が弱気に

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhoneの出荷台数が大きな成長を見せることはしばらくなさそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2019年版の新型iPhoneの売れ行きは伸び悩むと部品メーカー関係者が明かしたそうです。

これは新型iPhoneの生産準備が始まっているにもかかわらず、昨年に比べて部品の出荷が伸び悩んでいるため。

米中貿易摩擦が緩和したにもかかわらず、昨年同期の実績(8000万台分)に届かないとみられており、旺盛な需要を見せ始めているHuaweiと対照的な結果となっています。

・関連記事
「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone国内出荷まさかの30%減、ソニーが富士通にスマホで負ける | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneにBOE製の有機EL採用か、日本の韓国への輸出制限措置が中国を利することに | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 本体価格15万円の「Galaxy Note 20 Ultra」ほぼ半額に値下げなど、えげつなすぎる超格安セールをGoogleが実施中
  2. Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」がRedmi Note 9Sをコスパで圧倒、120Hzのぬるぬるディスプレイや6400万画素カメラ搭載でゲームにもおすすめ
  3. 【超格安スマホ】「Xiaomi Redmi Note 9S」が64GB/128GBモデルともども1万円台に大幅値下がり、もちろん回線契約不要
  4. 1万円台の最新格安スマホ「POCO M3」をXiaomiが発表、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー搭載でPOCO X3ともども超コスパモデルに
  5. お値段なんと1万円ちょい、価格.com人気1位の格安タブレット「Lenovo Tab B10」が微妙すぎてヤバい

モバイルに関連した楽天商品ランキング