「2019年の新型iPhoneは売れない」、iPhone XS不振で部品メーカー各社が弱気に

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhoneの出荷台数が大きな成長を見せることはしばらくなさそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2019年版の新型iPhoneの売れ行きは伸び悩むと部品メーカー関係者が明かしたそうです。

これは新型iPhoneの生産準備が始まっているにもかかわらず、昨年に比べて部品の出荷が伸び悩んでいるため。

米中貿易摩擦が緩和したにもかかわらず、昨年同期の実績(8000万台分)に届かないとみられており、旺盛な需要を見せ始めているHuaweiと対照的な結果となっています。

・関連記事
「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone国内出荷まさかの30%減、ソニーが富士通にスマホで負ける | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneにBOE製の有機EL採用か、日本の韓国への輸出制限措置が中国を利することに | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング