iPhoneにBOE製の有機EL採用か、日本の韓国への輸出制限措置が中国を利することに

このエントリーをはてなブックマークに追加



漁夫の利を得るのは中国となりそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、Appleが中国BOEから有機ELディスプレイの供給を受ける可能性が浮上したそうです。

これは徴用工問題での対立を背景に、日本が韓国に対し「フッ化ポリイミド」「レジスト」「エッチングガス」などの輸出を実質規制する措置を執ったことを受けたもの。

Samsungディスプレイの生産が抑制される可能性があるため、供給の安定化を図ることが目的とみられています。

なお、現在有機ELパネル市場はモバイル端末向けの90%以上をSamsungが占め、テレビ向けの95%以上をLGが占めている状況。

残念ながら韓国の2社のように高い歩留まりで有機ELを量産する製造技術は日本にはなく、日本メーカーが取って代わることはできないため、今回の日本による輸出制限は結果的に中国BOEを利することになります。

・次の記事
【コラム】韓国への有機EL材料輸出規制、回り回って日本メーカーへのダメージに | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
【コラム】韓国への有機EL材料輸出規制、回り回って日本メーカーへのダメージに | BUZZAP!(バザップ!)

2019年の新型iPhoneはXR/XSと同じディスプレイ構成、2020年には3機種とも有機ELに | BUZZAP!(バザップ!)

「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

「中国景気減速でiPhoneが販売減」は間違い、正しくは「中国でAppleが一人負け」でした | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 実質0円+ポイント還元のスマホ多数、楽天モバイルが200万回線突破記念で最大27000ポイント還元→Rakuten Hand購入者たちが悲惨なことに
  2. Anker初のAirPods Pro対抗イヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」速攻レビュー、高音質でノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスモデルがお手ごろ価格に
  3. えげつなく安い1万円台の高性能SIMフリータブレット「Teclast M40」「Teclast P20HD」またしても値下がり、ゲームやビデオ会議、ナビなどマルチに活躍
  4. Anker初の格安ノイキャン完全ワイヤレス「Soundcore Life A2 NC」速攻レビュー、十分使えてバランスのいい初心者にオススメの1台
  5. 1万円の防水防塵耐衝撃タフネススマホ「F150 B2021」レビュー、IP69K取得の実力と使い心地を試してみました

モバイルに関連した楽天商品ランキング