音楽療法で患者とセラピストの脳がシンクロ、世界で初めて確認

このエントリーをはてなブックマークに追加



音楽療法に限らず、音楽の力とも呼べそうな研究結果です。詳細は以下から。

音楽療法は、音楽を意図的、計画的に用いる心理療法のこと。不安やストレスの軽減やPTSD、神経症や鬱などの症状を和らげて生活の質を改善させていきます。

大きく分けて歌唱や演奏・ダンスなどを行う能動的音楽療法と、音楽を聴くなどの受動的音楽療法の2つがあり、マンツーマンの場合もあれば、集団で行う場合もあります。


イギリスのアングリア・ラスキン大学のJorg Fachner教授とClemens Maidhof博士がジャーナル「Frontiers in Psychology」に発表した研究によると、音楽療法によって患者とセラピストの脳がシンクロすることが世界で始めて確認されました。

研究ではMRIを用いたハイパースキャニングという2人の脳活動を同時に記録・解析する手法が用いられました。これはコミュニケーション中の複数人の脳活動が互いに影響しあう仕組みを解明するための手法です。

実験でのセッション中にはクラシック音楽が流され、患者は家族の深刻な病について議論をしていました。この時患者とセラピストは脳波測定キャップを被り、その脳波とセッションの様子は映像で記録されています。

音楽療法士は「moments of change(変化の瞬間)」と呼ばれる患者との意味深い繋がりの瞬間に向けてセッションを行っていきます。研究では、その瞬間が訪れた際に患者の脳波のネガティブな感情が突然ポジティブなピークへとシフト。セラピストがそのセッションが有効だったと手応えを得た瞬間、追うようにしてセラピストの脳波も同じような動きをしたのです。

セッション後のインタビューでは患者とセラピストの双方が、その時に「moments of change」が起こり、セッションが有効に機能したことを回答しています。

研究では正と負の感情をそれぞれ処理する脳の左右の前頭葉の働きを調べ、ハイパースキャニングのデータとセッションの映像の分析から、研究者らは脳のシンクロが発生したことを確認しました。

Fachner教授は「音楽は治療に用いる事で生活の質を改善させ、不安や鬱、自閉症や認知症などをケアすることができる。音楽療法士は患者の応答を頼りに治療を行うが、ハイパースキャニングによってより性格に患者の脳に何が起こっているかを理解できるようになる」と指摘します。

また、こうした分析により「治療が最も有効に働くポイントを見つける事ができる。特に言語によるコミュニケーションが困難な患者とのセッションをより効果的なものにすることができるだろう」と述べています。

治療に限らず、音楽が人の心を揺さぶり、癒やし、互いに気持ちを通わせてゆくことは古くから知られています。音楽ライブやフェスに参加したことのある人には自明の話かもしれませんが、音楽の持つ力がまたひとつ、科学によって解明されたと言えるのかもしれません。


さて、今週末はフジロックフェスティバルですね!行けない方も存分に音楽の力に浸ってみてはいかがでしょう。



本物の思考力を磨くための音楽学~「本質を見抜く力」は「感動」から作られる~
泉谷 閑示
ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 86,857

・関連記事
好きな音楽を聴くとストレスが緩和される、研究で明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「ナチ公に飲ませる酒はねえ!」怒りの地域住民が極右の音楽フェスを前に街のビールを買い占め | BUZZAP!(バザップ!)

レディオヘッドの未発表音源18時間分がハッカーに盗まれ1600万円の身代金要求→音源を2500円で販売し、売り上げを環境活動団体に全額寄付へ | BUZZAP!(バザップ!)

知性的な人ほど器楽(インストゥルメンタル)を好む傾向が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

モンゴルに突如現れた匈奴ロックバンド「The HU」とはいったい何者なのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽に関連した楽天商品ランキング