「格安iPad」ことApple Pencil対応9.7インチiPadを徹底解説、一体どれだけ”買い”なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加



先ほど発表されたAppleの新型iPad。

教育機関での利用を想定して価格を抑えただけでなく、9.7インチiPadとして初めて「Apple Pencil」に対応しています。詳細は以下から。

これが新しい9.7インチiPad。耐指紋性撥油コーティングが施された2048×1536のRetinaディスプレイにiPhone 7シリーズと同じ「Apple A10 Fusionプロセッサ」、F2.2レンズ採用の120万画素FaceTime HDカメラを採用したモデルです。


9.7インチiPadとして初めてApple Pencilに対応。太い線や細い線、濃淡などをタイムラグなく引けるため、教育用途はもちろんイラスト描きや同人誌作成などにも使えます。


背面カメラはF2.4レンズ採用で800万画素。フルHDビデオ撮影も楽しめます。


カラーバリエーションはゴールド、シルバー、スペースグレイ。


本体の詳細はこんな感じ。イヤホンジャックはもちろん、ステレオスピーカーも備えています。


通信周りはこんな感じ。携帯各社のプラチナバンドLTEを含む主要周波数帯すべてをカバーしている上、「下り最大300Mbpsで通信できる」とのことなので、高速かつ安定して通信できるキャリアアグリゲーション(CA)にも対応しているようです。


ちなみに気になる本体価格はWi-Fiモデルが3万7800円(32GB)および4万8800円(128GB)で、セルラーモデルは5万2800円(32GB)および6万3800円(128GB)。

iPad Proシリーズが最安で6万9800円なことを考えると、Apple Pencilを使える環境を揃えるためのハードルが大きく下がったのはかなりのアドバンテージ。教育にとどまらずビジネスやエンタテイメント、趣味の領域で幅広く活躍できそうです。

9.7インチiPadを購入 - Apple(日本)

・関連記事
9.7インチの格安iPad発表、3万7800円でApple Pencilにも対応 | BUZZAP!(バザップ!)

DxOMarkスコア101の「Xiaomi Mi Mix 2s」正式発表、iPhone Xを「カメラの画質が悪い爆熱スマホ」と公開処刑 | BUZZAP!(バザップ!)

「Huawei P20 Pro」「Huawei P20」発表、4000万画素+ISO 124000+光学3倍ズームのトリプルカメラスマホに | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhoneはインドで絶対売れず、Appleは失地を挽回できない」という分析が的確すぎる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加