【速報】iPhone 11とiPhone 11 Pro/Pro Max、カメラやディスプレイだけでなく通信周りも異なる仕様に

このエントリーをはてなブックマークに追加



一見「カメラとディスプレイが違うだけ」に見えるiPhone 11とiPhone 11 Pro。

しかし実は、意外なところでも差を付けてありました。詳細は以下から。

まず見てもらいたいのが、iPhone 11の対応ネットワーク一覧。ドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドLTEはもちろん、大容量通信を実現する3.5GHz帯(バンド42)すらカバーしており、幅広いエリアと安定した高速通信を期待できます。


iPhone 11 Pro/Pro Maxの対応バンドも基本的には同じです。


しかしよくよく見てみるとiPhone 11は2x2 MIMO、iPhone 11 Proは4x4 MIMO対応となっています。


4x4 MIMOといえばUQコミュニケーションズが「WiMAX 2+」の高速化を実現するため、世界に先駆けて実装していた技術。


つまり対応するネットワークこそ同じではあるものの、基本的にiPhone 11よりもiPhone 11 Pro/Pro Maxのほうが高速に通信できることになります。

・関連記事
「iPhone 11」「iPhone 11 Pro/Pro Max」解説、Apple初の3眼スマホは何を見るのか | BUZZAP!(バザップ!)

第7世代iPadを解説、3万円台の「お値打ちiPad」の真価は? | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxの価格発表、iPhone 8やiPhone XRがかなり値ごろに | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】「iPhone 11」「iPhone 11 Pro/Pro Max」発表!第7世代iPadと第5世代Apple Watchも | BUZZAP!(バザップ!)

「低価格版iPhone」2020年春に発売へ、iPhone 8の外見そのままに中身を刷新 | BUZZAP!(バザップ!)

「2019年の新型iPhoneは売れない」、iPhone XS不振で部品メーカー各社が弱気に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに安価な「中国製有機EL」採用へ、Samsungの牙城崩れる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加