iPhone 11 Proは位置情報をオフにしても現在位置を勝手に収集していることが明らかに



勝手に位置情報をトレースされたくないと考える人にとって、少し気になる内容です。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、iPhone 11 ProなどのiOS 13デバイスが位置情報サービスがオフになっている場合でも、現在位置を追跡していることが明らかになったそうです。

これはiPhoneが定期的に近くのWi-Fiスポットや基地局の位置情報付きの場所を匿名で暗号化された形式で送信することを受けたもの。

しかし「アプリごとに体系的に無効にできる」としているにもかかわらず、すべてのアプリとデータ受信をオフにしたとしても、GPSがオンラインに戻ったときに、不思議なサーバーに位置情報が送信されるとしています。

・関連記事
スマホゲームのGPSから捜査当局が位置情報把握か、令状無しで | BUZZAP!(バザップ!)

スマホのGPS位置情報を本人通知なしで警察が利用可能に、今夏発売の一部機種から | BUZZAP!(バザップ!)

ゲイアプリ「Jack'd(ジャックト)」利用者すべてのアンロック画像流出、アカウント不要で位置情報まで見える事態に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  2. 【速報】「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に
  3. 【速報】1万円の格安タブレット「Teclast P20HD」爆誕、ステレオスピーカー採用で動画視聴やビデオ会議、カーナビにも活躍のSIMフリーモデル
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も

モバイルに関連した楽天商品ランキング