ソフトバンクが3Gサービス終了、2024年1月末で

このエントリーをはてなブックマークに追加



ついにソフトバンクも3Gサービスの終了を告知しました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2024年1月下旬に3Gサービスを終了するそうです。これはより高速・高品質なLTEが普及したことを受け、さらなる周波数の有効利用を進めるため。

なお、同社の3Gサービスは「Vodafone Global Standard(のちにVodafone 3Gに名称変更)」として2002年12月に開始されたもの。2011年にはイー・モバイルの3G回線も加わりましたが、こちらは一足先にLTEへと完全移行しています。

通信方式にドコモと同じ「W-CDMA」を選び、「CDMA2000」のauと対峙したソフトバンクの3G。まだ4年先の話ですが、22年の歴史に幕を下ろすことになります。

・関連記事
DDIポケットやウィルコムのプラン・端末までカバー、PHS終了にあたってワイモバイルがまとめたページが永久保存したいクオリティ | BUZZAP!(バザップ!)

auが3G「CDMA 1X WIN」を2022年3月末で終了、月額980円でスマホを使える「ケータイ→auスマホ割」提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモのFOMA(3G)とiモードが2026年終了へ、一時代を築いたサービスに幕 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに「PHS」が2020年7月末にサービス提供終了、ワイモバイルが契約変更喚起へ | BUZZAP!(バザップ!)

【学割比較】ドコモ、au、ソフトバンク、UQ mobile、ワイモバイルの2020年版「学割」を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング