5700年前の「チューインガム」から人間の完全なDNAが採取され、噛んでいた女性の顔が復元される

このエントリーをはてなブックマークに追加



あなたの噛んだガムから数千年後にあなたの遺伝情報が復元されることもあるのかもしれません。詳細は以下から。

デンマーク南部の新石器時代初期の遺跡で見つかった樹脂の「チューインガム」から、それを噛んでいた5700年前の人間の完全なDNAが採取されました。これを元にこの樹脂を噛んでいた人物の顔が復元されています。

この「チューインガム」はカバノキの樹脂から作られたもので、広く接着剤や殺菌剤として用いられていたもの。樹脂にはくっきりと歯形が残っていたことから、歯痛や感染症の薬として用いられていたと考えられます。

コペンハーゲン大学の考古生物学者らのチームがジャーナル「Nature Communications」に発表した報告によると、「チューインガム」からDNAを抽出することに成功。これらを配列して噛んでいた人物のDNAを完全に復元することに成功しました。

これは人骨以外から抽出されたDNAで完全な人間のDNAを復元した世界で初めての快挙となります。


それによると、チューインガムを噛んでいたのは生物学的には女性で、スカンジナビア半島中央部に住んでいた人々よりは、ヨーロッパ本土で狩猟採取生活をしていた人々に遺伝的に近いとのこと。

彼らの多くはヨーロッパ本土の他の狩猟採取民族と同様に色の濃い皮膚と黒に近い髪色に青い目をしていたと考えられています。


彼女が住んでいたのはバルチック海に近い村で、狩猟採取に加えて骨を用いた銛を使って魚を捕りながら生活していたとのこと。

研究者らは人間以外のDNAの欠片も発見しています。まず見つかったのはヘーゼルナッツとマガモのDNAで、この女性がガムを噛む前にこれらを食べていた可能性があります。

他にも彼女の口内細菌と思われるDNAで、歯周病に関与する細菌伝染性単核球症を引き起こすウイルスなども発見されています。

これらの口内細菌の特徴やDNAの小腸に関する部分などから、彼女が同時期にヨーロッパに存在していた農耕民族には属していないことも判明しています。

もしかしたら、私たちが何気なく捨てたガムから数千年、数万年後に自らのDNAが採取、復元されることもあるのかもしれません。

・関連記事
13000年前の寺院「ギョベクリ・テペ」から発見された石版から古代の彗星群の記述が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

チリのピラミッドの地下30mから15000年前の人類の生活と文化の痕跡が発見される | BUZZAP!(バザップ!)

大麻草が2500年前の中央アジアの墓で副葬品として出土、古代ユーラシアで広く愛用されていた可能性も | BUZZAP!(バザップ!)

4000年前のバビロニアの粘土板に刻み込まれた「世界最古のレシピ」が再現される | BUZZAP!(バザップ!)

2000年前のバターの巨大な塊がアイルランドの湿原で発見される | BUZZAP!(バザップ!)

【そして伝説へ】湖の底で1500年の眠りについていた剣を8歳の少女Sagaちゃんが発見 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング