新型コロナで2ヶ月休業したデパートで革製品がカビだらけに

このエントリーをはてなブックマークに追加



これから湿気に満ちた梅雨と夏が始まることを考えれば、まったく他人ごとではないニュースです。詳細は以下から。

新型コロナウイルスの感染拡大対策での商業施設などの長期休業は、日本だけにとどまらず世界中で起こっています。

そんな中、マレーシアのとあるデパートは2ヶ月にわたる休業の末、商品の革製品が片っ端からカビだらけになってしまうという悲劇に見舞われています。


靴、カバン、ベルト、財布に至るまで、本革を使った製品が軒並みカビにまみれており、売り場のソファーにもカビが。

もともと高温多湿な東南アジアのマレーシアでは革製品へのケアは難しいもの。ネットでは休業に伴って空調を止めていたことが原因ではないかと指摘されています。

とはいえ、営業できずに売り上げがない中で空調を稼働させ続ける費用は痛いもの。最終的に多くの商品が使い物にならなくなったことを考えると決断の難しさを感じさせられます。なお、全くカビていない商品は合皮か、もともと防カビ対策が行われていたものと思われます。

こうした事態はデパートに留まっておらず、映画館では座席が片っ端からカビまみれになるケースも。無事に再開できるのか心配なところです。


これらはマレーシアでの事例ですが、これから梅雨を経て高温多湿な夏を迎える日本にとっても他人事ではありません。営業できないからこそのこまめな換気とメンテナンスという通常以上の負担を強いられるケースも出てきそうです。

・関連記事
【新型コロナ】4月の自殺者数が前年比約20%減に、職場や学校で悩まずにすんだためか | BUZZAP!(バザップ!)

【新型コロナ】ドライブスルー方式のストリップ劇場が登場、そのサイバーパンク感に震える | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】「Fire TV Stick」在庫復活、外出自粛で品切れ相次ぐ | BUZZAP!(バザップ!)

【コラム】アベノマスクいまだ東京都以外で配布なし、不織布マスク流通回復後に税金で不要品が届けられる最悪の事態に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング