ある意味斬新な乾電池式モバイルバッテリーをパナソニックが発売へ、防災用をうたうも実用性に難あり

このエントリーをはてなブックマークに追加



残念ながら災害発生時に役立つかどうかは微妙なラインです。詳細は以下から。

パナソニックのプレスリリースによると、同社は6月26日から乾電池式モバイルバッテリー「BH-BZ40K」を発売するそうです。

BH-BZ40Kは単3形の乾電池または充電池4本を使ってスマホを充電できるアイテム。スマホの重電には別途USBケーブルが必要です。


パナソニックの世界一長持ちする乾電池「エボルタNEO」4本が付属し、2700mAhバッテリーを備えたスマホを0.5~0.7回充電可能。

最大出力5V/1Aと充電速度も遅く、最新スマホ「Galaxy S20(4000mAh)」などでは0.3~0.5回弱しか充電できません。


防災を意識したLEDライト(連続約80時間点灯可能)が付属していますが、明るさは約9ルクスと非常に暗く、あくまで手元明かり程度です。


そして極めつけが「充電池を使えるものの、充電池を充電する機能はない」という点。

防災用をうたうにも関わらず、常に乾電池を使い捨てるか、別途充電池用の充電器を用意する必要があるという中途半端さはある意味斬新です。

・関連記事
急速充電(USB PD)対応「Anker PowerCore 10000 PD Redux」など一斉レビュー、ポケモンGOやドラクエウォークに最適なモバイルバッテリーや充電器、ケーブルまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【大人気】ポケモン好き必携の「Anker PowerCore 13400 Pokemon Limited Edition」レビュー、ニンテンドースイッチもスマホも急速充電できるUSB PD対応モバイルバッテリー | BUZZAP!(バザップ!)

AnkerがUSB PD対応モバイルバッテリーや薄型充電器をおしゃれにしたので速攻レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング