超格安スマホ「ZenFone Max Pro (M1)」9000円台に値下がり、本格カメラと大容量バッテリー搭載の人気SIMフリー機に新モデル追加

このエントリーをはてなブックマークに追加



十分使える性能に撮影を楽しめる本格カメラ、しかも長時間使える大容量バッテリー。そんなバランスの良さで売れ続けている回線契約不要の超格安SIMフリースマホが1万円を割り込んでいます。

人気の格安スマホ「AQUOS sense 3」の3分の1の値段でより高性能な上に、大容量モデルも追加されました。詳細は以下から。

それではさっそく「ZenFone Max Pro (M1)」のおさらい。画面が大きく見やすい6.0インチフルHD+(2160×1080)液晶を備えたAndroidスマホで、2020年5月にAndroid 10へのOSアップデートも提供されています。


5.5インチスマホと同じ横幅のため、「画面が大きいと持ちづらい」という人も安心です。


興味深いのがプロセッサに「Snapdragon 636」を備えた部分。人気の格安スマホ「AQUOS sense 3」より高性能です。


背面には1600万画素(F2.0レンズ)と500万画素(深度測定用)のデュアルカメラ。格安スマホでありながら4K動画も撮影できてしまいます。


深度測定用のカメラと「ポートレートモード」を組み合わせれば、一眼レフで撮ったかのような背景をぼかした本格的な写真撮影も。ぼかし具合も調整できるなど、充実のカメラ機能です。


魅力的な自撮りを楽しめる「美人エフェクト」は女性に人気の機能です。


背面にある指紋認証センサーだけでなく、顔認証によってロックを解除できるのも便利。


一般的なスマホの約1.7倍となる5000mAhバッテリー搭載で、1ヶ月以上の待ち受けを実現。ポケモンGOやドラクエウォークなどのバッテリーを消費するゲームをひたすらプレイできるほか、スマホがモバイルバッテリー代わりになる「リバースチャージ機能」も備えています。


ZenFone Max Pro (M1)はボディにメタル素材をボディに採用。格安スマホにありがちな安っぽさはなく、むしろ高級感を醸し出せています。


VoLTEに対応したSIMカードを2枚、microSDXCカードとは別に挿すことができるトリプルスロット仕様も便利なポイントです。


処理能力、カメラ、各種便利機能、バッテリー容量などあらゆる面から見て非常にコストパフォーマンスの良いZenFone Max Pro (M1)。

以下の通販サイト「Banggood.com」では3GB RAM/32GB ROMモデルがクーポンコード「BGJPSJ5223」適用で9851円まで値下がりします。

ASUS ZenFone Max Pro(M1)ZB602KL 3GB RAM/32GB ROM - Banggood.com


ドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドLTEを含む、主要周波数帯をサポートした4GB RAM/64GB ROMモデルはクーポンコード「BGJPSJGR32」適用で1万947円に。メモリ・ストレージ容量共に最もコスパの高い1台です。

ASUS ZenFone Max Pro(M1)ZB602KL 4GB RAM/64GB ROM - Banggood.com


そして新たに4GB RAM/128GB ROMモデルが1万4778円で登場。写真撮影やゲームなどをガンガン楽しみたいなら、こちらもおすすめです。

ASUS ZenFone Max Pro(M1)ZB602KL 4GB RAM/128GB ROM - Banggood.com

・関連記事
1万円の超格安タブレット「Alldocube iPlay10 Pro」登場、破格なのに多機能な1台に | BUZZAP!(バザップ!)

超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」2万円台に大幅値下がり、脅威の手ぶれ補正で今なお大人気の1台 | BUZZAP!(バザップ!)

超小型4Kアクションカメラ「DJI Osmo Action」2万円台に大幅値下がり、GoPro対抗の格安モデルに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング