1円スマホ「Rakuten Mini」、携帯各社の主要周波数帯「Band 1」非対応版に告知無しで変更していた



世界中どこでも使える周波数帯への対応が外れる」という重大な仕様変更を無告知で行っていました。詳細は以下から。

楽天モバイル公式ページによると、同社は現在提供中のオリジナルスマホ「Rakuten Mini」について、対応周波数帯の変更があったにもかかわらず、告知していなかったそうです。

現在販売されているモデルの対応周波数帯はこんな感じ。LTEにおいてドコモ、au、ソフトバンクどころか世界中の事業者が採用している「Band 1」への対応がカットされています。


FDD-LTE: Band 3(1.8GHz)/ Band 4(1.7GHz)/ Band 5(800MHz)/ Band 18(800MHz)/ Band 19(800MHz)/ Band 26(800MHz)/ Band 28(700MHz APT)
TD-LTE: Band 38(2.6GHz)/ Band 41(2.5GHz)
W-CDMA: Band I(2.1GHz)/ Band VI(800MHz)/ Band X IX(800MHz)

なお、製造番号ごとに対応周波数は異なっており、非常に分かりづらい事態に。技適マークの問題すらクリアできているか怪しいことが報じられています。

[製造番号(IMEI)351676110356708以前の製品]
上記に加えてBand 1 (2.1GHz)に対応する一方、Band 4 (1.7GHz) / Band 5 (850MHz)/Band 38 (2.6GHz)非対応

[製造番号(IMEI)351676110356716~351676110680487の製品]
上記に加えBand 1 (2.1GHz)に対応する一方、Band 4 (1.7GHz) に非対応

度重なるネットワーク障害にオリジナルスマホの対応周波数問題など、新規事業者が引っかかりそうなトラブルを軒並み経験している感のある楽天モバイル。

「1年間無料」「スマホ1円」などはあくまで「お試し」と割り切って考えるべきかもしれません。

・次の記事
こっそりBand 1非対応に変更された1円スマホ「Rakuten mini」の対応バンドさらに修正、楽天モバイル大混乱中 | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
超小型スマホ「Rakuten Mini」が1円、楽天モバイルついに端末バラマキを開始 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileが楽天モバイルキラーの「スマホプランR」発表、月額2480円で10GB使えてデータ消費ゼロの「節約モード」は1Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

楽天モバイルが5G開始延期、新型コロナで準備が困難に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 格安スマホなのに超高性能なXiaomi「POCO F3」値下げで3万円台に、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構も
  2. 【速報】「Redmi Note 11 Pro 5G」3万円台前半にいきなり値下げ、iPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載の格安スマホ
  3. 8GBメモリの格安タブレット「Alldocube X GAME」値下げで2万円台に、ゲームや動画、ナビにも使えてお絵かきもできるSIMフリーモデル
  4. 8GBメモリの格安スマホ「UMIDIGI F3」発売記念で大幅値下げ、見やすい大画面にソニーの4800万画素カメラ、大容量バッテリー、マルチキャリア対応で豊富なカラバリ展開も
  5. AppleがBOEに激怒、「iPhone 14」向け有機ELディスプレイ3000万枚の注文消滅か

モバイルに関連した楽天商品ランキング