こっそりBand 1非対応に変更された1円スマホ「Rakuten mini」の対応バンドさらに修正、楽天モバイル大混乱中

このエントリーをはてなブックマークに追加



楽天モバイルが1円でばらまいているオリジナルスマホ「Rakuten mini」において、ドコモ、au、ソフトバンクどころか世界中の携帯電話事業者が採用している周波数帯「Band 1」への対応がこっそりカットされていたことを先日お伝えしましたが、さらに対応周波数帯の修正が告知されました。

どうやら楽天モバイルは大混乱に陥っているようです。詳細は以下から。

楽天モバイルの告知によると、先日告知した「Rakuten mini」の対応バンドが誤っていたそうです。

現在発売されている「Rakuten mini」はLTEのみドコモ、au、ソフトバンクどころか世界中の事業者が採用している「Band 1」への対応がカットされていると告知されていましたが、3Gでも非対応となるとのこと。


正しい対応ネットワークおよび対応周波数帯は以下となります。

4G:FDD-LTE Band 3(1.8GHz)/ Band 4(1.7GHz)/ Band 5(800MHz)/ Band 18(800MHz)/ Band 19(800MHz)/ Band 26(800MHz)/ Band 28(700MHz APT)、TD-LTE Band 38(2.6GHz)/ Band 41(2.5GHz)
3G:W-CDMA Band IV (1.7GHz) / Band V (800MHz) / Band VI (800MHz) / Band XIX (800MHz)

[製造番号(IMEI)351676110356708以前の製品]
上記に加えてBand 1 (2.1GHz)に対応する一方、Band 4 (1.7GHz) / Band 5 (850MHz)/Band 38 (2.6GHz)非対応

[製造番号(IMEI)351676110356716~351676110680487の製品]
上記に加えBand 1 (2.1GHz)に対応する一方、Band 4 (1.7GHz) に非対応

満を持してリリースした自社オリジナルスマホの仕様すら満足に把握できていないことに驚かされる楽天モバイル。

「ある日突然無告知でBand 1非対応にした上、公式ページの表記はBand 1対応のまま。しかも技適マークの問題まで浮上」など、携帯電話事業者として致命的な問題が相次いでいます。

・関連記事
超高性能な格安5Gスマホ「Xiaomi POCO F2 Pro」値下がり、Snapdragon 865や6400万画素4眼カメラ搭載で競合の半額以下に | BUZZAP!(バザップ!)

超小型スマホ「Rakuten Mini」が1円、楽天モバイルついに端末バラマキを開始 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileが楽天モバイルキラーの「スマホプランR」発表、月額2480円で10GB使えてデータ消費ゼロの「節約モード」は1Mbpsに | BUZZAP!(バザップ!)

楽天モバイルが5G開始延期、新型コロナで準備が困難に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング