ドコモが年内に「格安5Gスマホ」発売へ、ただしお値段5~8万円



5Gの普及に弾みを付けるべく、ドコモが格安スマホを投入します。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、NTTドコモの吉沢和弘社長が2020年内に低価格な5Gスマホを投入するそうです。

これはドコモの5G契約者数が17万人と、2021年3月期の計画(約250万人)の1割にも満たないことを受けたもの。背景にはすでに発売された5Gスマホの大半が10万円を超すなど、スマホ本体の高価格化が挙げられています。

なお、想定している価格は5~8万円で、仕様などの詳細は今後メーカーと詰める予定。納入実績のあるZTEや日本市場での拡大を急ぐOPPO、Xiaomiなどのグローバルモデルをローカライズしたものになる可能性も十分考えられます。

ちなみにXiaomiは2万円台でSnapdragon 855相当の処理能力を実現した5Gスマホ「Redmi 10X」シリーズを商品化済み。


価格を抑えることを第一に考えた場合、どうしてもスケールメリットを生かせる大手メーカーのほうが有利なため、必然的にSamsungや中国勢頼みになるとみられます。

・関連記事
携帯料金値下げに政府介入へ、「大幅な引き下げの余地がある」と菅官房長官が再びブチ上げ | BUZZAP!(バザップ!)

5Gスマホ初登場のドコモ2020年春夏モデル一挙解説、「ハイエンド性能のミドルレンジスマホ」も | BUZZAP!(バザップ!)

日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. 「iPhone SE一括1円」めぐるドコモ、au、ソフトバンクの激戦はiPhone 13商戦中も続行、本体のみ購入でも割引で新規契約・機種変更も格安に

モバイルに関連した楽天商品ランキング