「8Kテレビ」まさかの15万円台に、初値50万円オーバーが2年で大幅値下がり

このエントリーをはてなブックマークに追加



フルハイビジョンテレビの16倍という超高精細な「8Kテレビ」がさらに大きく値下がりしてしまいました。詳細は以下から。

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2020年8月8日4時現在、2018年11月発売のシャープ製8Kテレビ「AQUOS 8T-C60AW1(60インチ)」が15万7800円で販売されています。


価格変動履歴はこんな感じ。初値が50万円を超えていたモデルが2019年末には20万円を割り込み、今回ついに15万円台まで値下がりしてしまいました。


AQUOS 8T-C60AW1は4K/8Kチューナー別売り。しかしフルHDや4K動画を8K相当に違和感なくアップコンバートする技術を実装しています。


さらに映像を美しく楽しむために不可欠な「倍速機能」も搭載。「映像配信などで4K/8Kコンテンツを楽しみたい、チューナーは価格がこなれてからでいい」という人にぴったりです。


4Kチューナー搭載モデルが欲しいなら2019年11月に発売された「AQUOS 8T-C60BW1(60インチ)」がおすすめ。21万1999円で販売されています。


「もっと大画面がいい」という人には、上記機種の大型版「AQUOS 8T-C70BW1(70インチ)」という選択肢も。「壁一面テレビ」を32万5000円で実現できます。


80インチモデルの「AQUOS 8T-C80AX1」になると130万9000円にまで跳ね上がってしまう8Kテレビ。初値が210万円だったことを考えると、まだ値下がりしたほうではありますが……


現在国内で発売されている民生用機としては最大となる88インチ、しかも有機EL、おまけに倍速機能付き……と、おそらく最先端の技術をすべて網羅したLGディスプレイの8Kテレビ「OLED88Z9PJA」は今年1月から少し値下がりして308万円。60インチの8Kテレビを20台近く買える計算です。


オリンピック商戦が起きず、価格が下落傾向にあるテレビ。「最先端の8Kテレビを15万円台で買える」というのは、なかなかのインパクトがあります。

・関連記事
超小型4Kジンバルカメラ「Xiaomi FIMI PALM」再び1万円台に値下がり、DJI Osmo Pocketにない広角レンズやAIなど各種機能で差別化 | BUZZAP!(バザップ!)

【在庫追加】「ZenFone 5」1万5000円に大幅値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

Snapdragon 865搭載の「Xiaomi POCO F2 Pro」4万円台に値下がり、5G対応で6400万画素4眼カメラや美麗有機EL採用の格安スマホ爆誕 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング