【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中

このエントリーをはてなブックマークに追加



驚くべき手ぶれ補正で、映画のワンシーンのように日常の風景を撮影できる人気の超小型4Kカメラ「DJI Osmo Pocket」やその対抗モデルが再び大きく値下がりしました。

スマホやタブレット、小型パソコンなど目玉商品が目白押しです。詳細は以下から。

◆スマホに撮れない景色を楽しめる「DJI Osmo Pocket」大幅値下げ
それではまず「DJI Osmo Pocket」をおさらい。手ぶれせず撮れる「ジンバル」が一体となった、ハンディサイズの超小型カメラです。


手に持ってみると分かる小ささ。一眼やデジカメなどを持ち歩くとき、「カバンから取り出して被写体に向けて……」というフローを面倒に感じる人は少なくないと思いますが、これならポケットから片手でさっと取り出して撮影できます。


スマホ向けジンバルで有名なDJIが手がけただけあって、手ぶれ補正(3軸)はかなりのもの。激しい動きでもガクガクにならず、しっかり撮ることができます。


手ぶれ補正にはTDKの「MEMSモーションセンサー」を採用。下支えしているのは日本の技術です。


特徴的なのがユーザーの目線に合わせてダイナミックに動きを再現する「FPVモード」。走りながら風景を撮影しても、手ぶれによる揺れなどは感じられません。


試しにコンデジ(LUMIX)で対照実験してみたところ。悪酔い注意です。


被写体をタップすると自動追尾する「アクティブトラック」、広い景色を1枚の写真にできる「3x3パノラマ」「180度」などの多彩な撮影モードもあります。



数時間分の映像を数秒にまとめる「モーションラプス」、暗いところできれいに撮れる「ナイトショット」、本格的なマニュアル撮影を楽しめるプロモードに加え、高い手ぶれ補正性能によって三脚を使用せずとも長時間露光ができます。



接続したスマホをモニター代わりにして、デジカメ感覚で撮影することも可能。被写体のトラッキングやピント合わせなどをより精密にやりたい時はこちらが便利です。


試しにアニメ「四畳半神話大系」のクライマックスの舞台である加茂大橋から鴨川デルタを撮影してみました。こちらはノーマルモード。


「180度」モードでは、いわゆるパノラマ写真となります。その名の通り180度撮影可能です。


上下左右を幅広く撮影できる「3×3」モードでは、広角レンズで撮ったかのような写真を撮影できます。


撮った動画は専用アプリ「DJI Mimo」を用いて編集することも。逆再生や早送り、繋ぎのエフェクト、BGMやタイトルを選んで付けるだけで、専門知識は不要です。


4K(3840×2160 24/25/30/48/50/60p)、フルHD(1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)動画やRAW形式での写真撮影なども楽しめるDJI Osmo Pocket。


以下の通販サイト「Banggood.com」ではサイトにログイン後、クーポンコード「BGJPOP908」適用で2万6921円まで値下がり。ポケットからサッと取り出せて、スマホと違った風景をすぐ撮れる超コンパクトな1台が値ごろになりました。

DJI Osmo Pocket - Banggood.com


◆DJI Osmo Pocket対抗モデル「Feiyu pocket」は1万円台に
さらにスマホ用ジンバルを手がけるFeiyuが発売したDJI Osmo Pocket対抗モデルFeiyu pocketもセール中。わずか115グラムの超軽量ボディにタッチ操作できる1.3インチIPS液晶を搭載しています。


スマホ用ジンバルなどを手がけるFeiyuが満を持してリリースしただけあって、手ぶれ補正の性能はかなりのもの。3軸メカニカルジンバルと3軸電子手ぶれ補正機構を組み合わせた「6軸ハイブリッドスタビライズ」やブラシレスモーターによって、手ぶれを気にせず撮影できます。


ソニー製の約850万画素センサー(1/2.5インチ)を採用。1つのピクセルが1.62μmと大きく光を取り込みやすいため、暗いところでも明るく撮れるのが強み。最大120Mbpsの高画質な4K/60fps動画を撮影できます。


DJI Osmo Pocketにない大きな特徴が広角撮影への対応。6層の120度広角レンズとアンチディストーション機能によって、目の前に広がる広大な景色を歪みに悩まされることなく残すことができるのもうれしいところです。


バッテリー容量は875mAh。省電力技術を組み合わせることで4K/30fpsなら最大210分、1080p(フルHD)/60fpsなら最大270分撮影できます。


撮影モードも充実しており、画像を360度回転させて宙に浮いているような動画を撮影できる「オールフォローモード」や定点タイムラプス、モーションラプスにも対応。


パノラマ撮影はもちろん、被写体を自動追尾するオブジェクトトラッキングによって、広大な風景も動いているものも撮ることができます。


本体に搭載したWi-Fiを使えば、アクセサリやアタッチメントなしでのスマホ連携や、ケーブルなしで写真や動画の転送も。これはかなり便利です。


さらにスマホアプリを使えば、離れたところに置いたFeiyu Pocketを操作することも。三脚と組み合わせて星空を撮ったり、「手元のスマホでどう写っているかを確認しながら、みんなでダンスしている様子を撮る」など、活用法はたくさんあります。


各種アクセサリも充実。組み合わせればできることがどんどん増えていきます。


超軽量ボディにジンバルで培われた手ぶれ補正機能、高画質センサー、広角レンズなどを組み合わせ、排熱設計にも気を配ったFeiyu pocket。


「Banggood.com」ではサイトにログイン後クーポンコード「BGJPFP908」を入力すると数量限定で1万7190円)に値下がり。日本での販売価格(3万2450円)のほぼ半額です。

Feiyu pocket 6-Axis Stabilized Handheld Gimbal 4K Camera Sale - Banggood.com

◆Banggood.comが「日本限定クーポンセール」「Banggood14周年記念セール」をW開催中
なお、Banggood.comでは現在日本限定クーポンセールBanggood14周年記念セールのふたつのセールを同時開催中です。

日本限定クーポンセールは文字通り日本限定のクーポンが盛りだくさん。「スマホ」「タブレット&PC」「ドローン&発信機」「他のおすすめ」にカテゴライズされており、いずれも表示されているクーポンコードを入力することで大きく値下がりします。


Banggood14周年記念セールは日本時間9月9日17時まで予約期間となっており、希望の商品をSNSやメールでシェアすることで商品の特別価格での予約が可能。

最大8つまで予約することができ、日本時間9月9日17時になったらその価格で購入が可能ですが、さすがに数量限定商品の多くは予約でいっぱい。ただしまだ掘り出し物もあるので気になるジャンルは要チェックです。


Banggood14周年記念セールはもちろんこれだけにとどまらず、多くのプロダクトが大幅値下げとなっています。こちらでは売れ筋ランキングからジャンルごとに人気商品を調べることができます。


こちらは新着商品のランキング。新発売のプロダクトが大幅値下げとなっています。

・関連記事
【速報】「ZenFone 5」再び1万5000円に大幅値下がり、本格カメラやAIを使った各種機能が便利な高性能SIMフリー格安スマホ | BUZZAP!(バザップ!)

Core i5搭載で2万円台の超小型パソコン「CHUWI CoreBox」再び値下がり、Ryzen搭載の高性能モデルも選べます | BUZZAP!(バザップ!)

1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

ハードウェアの人気記事

  1. SSDやメモリが今後値下がりか、メーカー各社の在庫が山積みに
  2. ベストセラー1位の「CHUWI HeroBox」が1万円台など格安超小型パソコン相次ぎ値下がり、RyzenやCore i7搭載モデルも選べます
  3. 世界最小アクションカメラ「Insta360 GO」1万円台に大幅値下がり、20グラムの超軽量ボディにジンバル不要の手ぶれ補正や多彩な撮影機能搭載で国内最安値を大きく下回る
  4. 【速報】超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」や1万円台の対抗モデル「Feiyu pocket」相次ぎ大幅値下がり、14周年のBanggood.comが特別セール実施中
  5. 1万円台でCore i7搭載の超小型デスクトップPC復活、超コスパで大人気の1台

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング