超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」の驚異的な手ぶれ補正、実現したのはTDKの「MEMSモーションセンサー」でした

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前Buzzap!でレビュー記事をお届けしたところ、とんでもない反響があった超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」。

海外メーカーの革新的な製品群には驚かされるばかりですが、それを下支えしているのは日本の技術でした。詳細は以下から。

明日で閉幕するCEATEC 2019のTDKブース。「ブレさせてみよう」という挑戦的なコーナー名のもと、MEMSモーションセンサーが展示されています。


これがTDKの誇る6軸モーションセンサー。スマホやゲーム機、AR/VRヘッドセットなどへの採用実績があります。


その中の製品の一つが「DJI Osmo Pocket」。TDKはDJIのドローンなどにもセンサーを供給しているとのこと。


それではMEMSモーションセンサーの実力をDJI Osmo Pocketでチェックしてみましょう。まずはこれが手ぶれ補正をオンにしたところ。


オフにするとガックガクになります。

・関連記事
超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」またしても値下がり、GoPro対抗のアウトドア向けモデル「DJI Osmo Action」も | BUZZAP!(バザップ!)

「CEATEC 2019」まとめ、20周年で「CEATEC JAPAN」から名称変更 | BUZZAP!(バザップ!)

三洋電機の魂が生きていた「Xacti(ザクティ)CX-WE100」レビュー、驚異的な手ぶれ補正のウェアラブルカメラに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング