新型コロナを高熱で不活性化するマスクをMITが開発、「攻撃は最大の防御」を証明へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



身を守るのではなく積極的にウイルスを倒しに行くタイプのマスクが開発されています。確かに倒してしまえば感染はしないはずですが…。詳細は以下から。

MIT(マサチューセッツ工科大学)のmichael strano教授らがこれまでとは逆転の発想で新たなマスクを開発しました。

それは単にマスクによってウイルスの飛散を抑えるのではなく、マスクでウイルスを不活性化させてしまおうというもの


新型コロナウイルスは高熱で不活性化されることが既に知られていますが、新開発のマスクは厚さ0.1mmの銅のメッシュを備えており、搭載された9Vバッテリーを使って呼気を90度まで加熱することが可能。これによってウイルスを千分の一から百万分の一にまで減らすことができます。


マスクの外側はメッシュ部分と接しないクロロプレンゴムによって形作られており、息を吸うときも吐くときもこのマスクを通して呼吸ができます。現在のプロトタイプでも、吸い込んだ際に熱さは感じないとのこと。


吸っても吐いても新型コロナを不活性化できるということは、自分の感染予防になると同時に自分が感染している際に他人に感染させないためにも使えるということになります。

秋の深まりと共に世界各地で再び感染が拡大している新型コロナ。こうしたマスクが実用化されれば大きな抑止力になりそうです。

・関連記事
ランナーに人気のネックゲイター、なんと「飛沫が増えるマスク」だった……新型コロナウイルスを撒き散らしまくるので着けないほうがマシです | Buzzap!(バザップ!)

顔認証システムも突破可能な「自分の顔がプリントされた布マスク」が作成可能に | Buzzap!(バザップ!)

マスク不着用で1000人超逮捕、一世紀前にもトラブルをまき散らしていた「マスク忌避者」たち | Buzzap!(バザップ!)

マスクやゴム手袋、コロナ対策用品による新たな環境汚染の懸念 | Buzzap!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング