レクリエーション目的の大麻がアメリカ合衆国4州で合法化、総人口の1/3にまで合法化州が拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加



アメリカ合衆国の大麻合法化がさらに進展、総人口の1/3にまで拡大しました。詳細は以下から。

11月3日に米大統領選挙と同時に多くの州で実施された大麻の合法化を巡る住民投票により、ニュージャージー州、アリゾナ州、サウスダコタ州、モンタナ州で21歳以上の成人のレクリエーション目的での大麻の合法化が決定。

レクリエーション目的での大麻が合法化されたのは合わせて15州となります。加えてミシシッピー州では医療大麻が合法化され、こちらは全体の36州目となりました。

今回の住民投票により、アメリカ合衆国の総人口の1/3に当たる1億900万人が合法的に大麻を使用できるようになりました

特にニュージャージー州は最大級の大麻市場になると見られており、周辺のペンシルベニア州やニューヨーク州でも合法化への圧力が高まる可能性も。

加えて大麻合法化に否定的だった共和党の勢力の強いサウスダコタ州、モンタナ州での合法化により、大麻合法化の流れが加速することになりそうです。

さらにオレゴン州では、うつ病などに効果の認められたマジックマッシュルームの有効成分であるシロシビンの医療目的での使用が合法化。ワシントンDCではマジックマッシュルームや幻覚性の成分を含有する植物の使用が非犯罪化されています。

・関連記事
新型コロナの死因となる重篤な肺炎に大麻の有効成分「THC」が効果、動物実験で100%が生存 | Buzzap!(バザップ!)

大麻から抽出される「CBD」に1滴で脳の血流を増大させる効果、記憶力の強化も | Buzzap!(バザップ!)

大麻を全米で合法化する包括的法案、下院司法委員会で承認 | Buzzap!(バザップ!)

マジックマッシュルームは既存の抗うつ剤「SSRI」特有の副作用なしでうつ病を寛解させる | Buzzap!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング