8000円の格安すぎるスマホ「ZenFone Max (M1)」復活、このお値段で驚きの実用性



二束三文で買える超格安スマホが復活しました。詳細は以下から。

これが今回解説する「ZenFone Max(M1)」。5.5インチHD+(1440×720)IPS液晶、Snapdragon 425、2GB RAM/16GB ROMを備えたコンパクトなエントリーモデルのスマホで、2020年4月にAndroid 10へのOSアップデートが提供されています。


超格安スマホにもかかわらず、背面にはデュアルカメラ(F2.0、1300万画素+800万画素120度広角)を搭載。


超広角カメラを使えば、旅先の風景を余すところなく収められます。


800万画素の前面カメラは女性に人気の「美人エフェクト」モードを備え、魅力的な自撮りを楽しむことも。前面カメラも背面カメラも作り込まれています。


特筆すべきがバッテリー容量の大きさ。一般的なスマホの1.3倍となる4000mAhバッテリーを備え、1ヶ月以上の連続待ち受けを実現しています。


バッテリー平均寿命を約2倍に引き上げて末永く使えるようにする「ASUS PowerMaster」など、ユーザーのことを考えた多くの便利機能が搭載されています。


ドコモ、au、ソフトバンクのプラチナバンドLTEや楽天の周波数帯をサポートしており、2枚のSIMとmicroSDXCカードを同時に挿すこともできます。


エントリーモデルでありながら本格デュアルカメラや大容量バッテリーを備え、マルチキャリアに対応するなど、十分使えるよう作り込まれているZenFone Max (M1)。

以下の通販サイト「Banggood.com」では2020年11月14日現在、フラッシュセール価格として8552円に値下がりしています、

ASUS ZenFone Max(M1)ZB555KL 2GB RAM/16GB ROM - Banggood.com

・関連記事
大人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデルついに1万円台に、最安値を大幅更新 | Buzzap!

世界最小の超軽量アクションカメラ「Insta360 GO」が1万5000円を割って過去最安値に、Banggood.comが1111セールと日本限定セールをダブル開催中 | Buzzap!

えげつないほど安い高性能タブレット「Teclast M40」再び1万円台に値下がり、リモートワークからゲームやナビにまで使える本格SIMフリーモデル | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング