「DJI Pocket 2」発売早々大幅値下がりで国内最安値に、大人気の超小型4Kジンバルカメラが広角化や光学ズーム対応など大きく進化



ジンバルカメラというジャンルを築いた「DJI Osmo Pocket」の後継機がいきなり国内最安値を大きく下回る値下がりを見せています。詳細は以下から。

これが2020年10月に発売された「DJI Pocket 2」。大人気ジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」の後継機で、手のひらサイズのコンパクトボディ(124.7×38.1×30mm、軽さ117グラム)はそのままです。


まずは基本的な性能から。DJI Pocket 2は3軸ジンバルを搭載した、強力な手ブレ補正を武器とするアクションカメラ。激しく動きながらでも被写体をしっかり捉え、ブレのないなめらかな動画を撮影できるのが大きな利点です。


2年ぶりの新モデルとなるDJI Pocket 2はカメラ部分を大きく刷新。


前モデルは暗いところでも撮影できるF2.0レンズ、1200万画素1/2.3センサーを備えていましたが、DJI Pocket 2はF1.8レンズに6400万画素1/1.7センサーを搭載。より明るいレンズとより大きいサイズの超高画素センサーを採用したことで、より明るく美しく撮影できるようになりました。


さらに4K/60fpsまでの動画、6400万画素(9216×6912)までの写真をワンアクションで手軽に撮影可能。新たにHDR動画撮影にも対応し、より自然な風景を記録できるようになっています。


光学ズームとデジタルズームを組み合わせることで、写真では最大8倍、動画では4倍までのズームに対応。視野角も80度から93度へと広角化されており、より広い景色を収められるように。オプションの広角レンズを取り付ければ、最大110度まで拡張できてしまいます。


新たに搭載された「ActiveTrack 3.0」機能では、指定した被写体が動いた時にも自動的に追尾してフレーム内に入れたまま撮影できるように。純粋にアクションカメラとして、より手軽で使いやすくなっています。


明るいレンズや高画質センサーとAIを組み合わせた「美顔効果」も提供。いつでもベストな自分を残すことができます。


ハンドル部分に内蔵された4つのマイクと「DJI マトリックスステレオ技術」によって、より臨場感のあるサラウンド録音も可能に。「ズーム時には収録される音声もズームされる」など、カメラ機能の進化に伴い、各種機能もアップグレードされています。


DJI Osmo Pocketにあったタイムラプスやモーションラプス、ハイパーラプス撮影に加えて、8倍のスローモーション撮影に対応したDJI Pocket 2。スマホ向け専用アプリ「DJI Mimo」アプリと連携させることができ、AIによる自動編集で簡単にスタイリッシュな動画を作ることもできてしまいます。


DJI Osmo Pocketの痒い所に片っ端から手を届かせてアップグレードさせたスペックの「DJI Pocket 2」。

以下の通販サイト「Banggood.com」ではサイトにログイン後クーポンコード「BGPOCKET2」適用で国内最安値を1万円ほど下回る3万7014円にまで値下がり。発売1ヶ月で一気にお手ごろ価格となっています。

DJI Pocket 2 - Banggood.com

・関連記事
1万円台の最新格安スマホ「Xiaomi POCO M3」発売、期待以上の高性能に3眼カメラや超大容量バッテリー採用でBanggood.comの「冬のボーナスセール」目玉商品に | Buzzap!

「DJI Osmo Action」ついに処分価格で2万円に、GoPro対抗の超小型4Kアクションカメラ | Buzzap!

Xiaomiの最新格安スマホ「POCO X3」値下がり、120Hzディスプレイや6400万画素カメラ搭載でRedmi Note 9Sより高性能・低価格に | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

ハードウェアに関連した楽天商品ランキング