「ahamo」月額2700円に値下げ、「5分間通話定額」込みなら3キャリア最安に



通話定額抱き合わせのまま値下げとなりました。詳細は以下から。

NTTドコモがオンライン専用新プラン「ahamo」について月額料金を税別2700円に改定することを発表しました。税込でも月額2970円と3000円を下回ります。

なお報道発表資料によると、これまでどおり「追加料金なしで5分以内の国内通話や海外82の国と地域でのデータ通信も可能」とのこと。

「povo on au」「SoftBank on LINE」では「5分間通話定額」が有料オプションとなっているため、通話定額込みで考えると「ahamo」が最安値ということになります。

加えてahamoの料金支払いを「dカード」か「dカード GOLD」に設定することで月間データ容量が増量され(2021年9月から提供予定)たり、「dカード GOLD」では利用額の10%がポイント還元される「dカード特典」も発表されています。

「通話はほとんどしないし、してもLINEがメイン」といった層も増えている中、どこまでのアドバンテージとなるでしょうか。

・関連記事
携帯各社新プラン「povo on au」「LINEMO」の月額2480円に「ahamo」追従せず、ドコモ社長が通話定額抱き合わせを明言 | Buzzap!
https://buzzap.jp/news/20210225-povoonau-linemo-2480yen-ahamo-2980yen/

【更新】携帯3社の新プラン「ahamo」「povo on au」「LINEMO」ざっくり比較まとめ、auとソフトバンクが20GB月額2480円でリードするも各社に武器 | Buzzap!

月額2480円でau後追いの「LINEMO(ラインモ)」がソフトバンクのオンライン専用新ブランドに、ワイモバイルでiPhone 12発売も | Buzzap!|

総務大臣がKDDI新プラン「povo on au」にまさかの不快感、その情報弱者っぷりをごらん下さい | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング